ブログ コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

一瞬で信頼関係を作るには

Pocket

先日の商工会議所のセミナーでもお伝えしたんですが、
「信頼関係を作る」というのが、とても重要です。

営業をするにしても、やはり信頼関係がなければできませんし、
人材育成も、信頼関係があって初めて成り立ちます。

コーチングは特にこれが顕著で、信頼関係がないと
相手は何も話してくれないので、信頼づくりが一番の基本になります。
[br num="1"]

さて、そんなわけで、我々コーチというのは
信頼関係を作るためにいろいろなことを学んでいます。

中でも特に重要なポイントがありまして、
これを極めると、一瞬で信頼関係ができてしまうことも。

私も、講師を務めるときなどは、これに一番気をつけています。
[br num="1"]

信頼関係を作るための重要なポイントとは、
【コーチのエネルギー状態】です。

エネルギーというとちょっとスピリチュアルっぽくなりますが、
どちらかというとスピ系というより、「元気の有無」みたいな感じです。
[br num="1"]

コーチが最初から充実した気力を持っていて、元気があれば、
相手も安心して自分の悩みを委ねてくれます。

逆に、コーチが元気がなかったり、おどおどしていたら、
相手は「こいつに相談して大丈夫か?」と不安になるでしょう。

なので、十分な気力と体力を持って望むようにしています。
[br num="1"]

これはもちろん、営業マンでも同じですし、部下指導でも同じです。
営業マンに元気があれば、お客さんはその元気のレベルと
彼が売っているものやサービスのレベルを関連付けます。

すなわち、元気があれば、「きっといい商品だろう」と思うわけです。
逆だったら、逆の印象を持つわけですね。

ですから、営業をする人は、せめてお客さんの前では元気にしたいですし、
上司も、疲れることは多いと思いますが、できるだけ元気に振る舞いましょう。
[br num="1"]

私は自己紹介の第一声だけで、
ある程度の信頼感を得ていただくようにしています。

元気でハキハキとした「おはようございます」を言うことで、
第一印象を「元気でハキハキとした講師だ」と思ってもらい、
安心して講義を聞いていただく。

いろいろな信頼づくりのスキルはありますが、
これが一番簡単でスピードの速い方法ではないかな、と思います。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

元気があればなんでもできる!

Pocket

-ブログ, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社