ブログ 人材育成 コーチング

売れる社員を育てる方法

Pocket

今日はドタバタしているうちに、こんな時間になってしまいました。
(メルマガ書き始めの時間が19時過ぎてます 汗)

というのも、商工会議所のセミナーがあって、
準備をしていたからなんですが。。。
[br num="1"]

なので、ついさっきセミナーでお話したことの中から
とても重要なポイントをお伝えしようかと思います。

ちなみに、今日のセミナーのテーマは
「営業成績がどんどん上がる社員の育て方」
というテーマで、主に営業のお話でした。

営業の手法もそうなんですが、それをベースに
営業のできる社員をどう育てるか、という話だったんですね。
[br num="1"]

このテーマはとてもたくさんの情報があって
とても簡単に伝えられるものではないのですが、
「売れる社員を育てる」という点で、もっとも重要なポイントがあります。

色々なノウハウはありますが、このポイントを外していると
ノウハウを学んでも使えない社員ができてしまいます。
[br num="1"]

そのポイントとは、
【上司が部下の自信を育ててあげること】です。
[br num="1"]

営業には自信が必要、というか、自信こそが売れるメンタルのキモなのですが、
相手に自信をつけさせるというのは、なかなか簡単ではありません。

特に、古い日本企業のコミュニケーションだと、
「失敗するやつはけしからん」
「うまくいって当たり前」
「ほめて欲しいなんて、甘えだ」
というような文化が育っていることが多く、
「認められる」という経験をしにくくなっています。

人の自信は、認められることで育ちます。
「できた!」という経験を積むことで育ちます。

ですから、小さな成功体験を積んで、それをその都度承認する。
「よくがんばったね」と認めてあげる。
こうやって、自信をつけながらスキルも育てていきます。
[br num="1"]

「そんなのは甘やかしだ。俺らの頃は叱られても
 なにくそ、という反骨心で成長してきたものだ」
という方がいますが、今は時代が違います。

若い社員は仕事や会社の選択肢も多く、
会社を辞めるという選択もし易い社会になっています。

また、物質的にも十分満たされていることが多く、
ハングリーに向上しようという気持ちも持ちにくい。

私たちの年代よりさらに、反骨心のようなものは
最初から持ち合わせていないという人が多いのです。
[br num="1"]

ですから、プレッシャーを掛けたら、はねのけるのではなく
潰れるか逃げるかしてしまいます。

問題は、「どうあるべき」を語ることではなく、
社員がどんどん売上を上げる人材になることです。

今の社員は、自信を育んであげたほうが売れる人材になりやすい。
だから、どんどんほめて認めて上げるほうが得策です。
[br num="1"]

人をほめるというのは、慣れていないうちは難しいですが、
慣れてくるととても気持ちのいいものです。

社員をほめて自分も気持ちよく、社員も育ってくれるんですから、
試しにやってみてください。
自信のある社員がたくさんいると、会社も活性化してきますよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

社員の自信を育てていこう

Pocket

-ブログ, 人材育成, コーチング

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社