ブログ 人材育成 コーチング

枯れないモチベーションを作るある質問

Pocket

社員のモチベーションを高めたい、自分のやる気をいつも出していたい。
そういうご相談も多いです。

モチベーションとは、「動機づけ」のことですと
以前もお伝えしましたが、皆さん「やる気」のような意味で使うので
「やる気を出したい」ということなのだと思います。
[br num="1"]

さて、この「やる気を引き出す質問」は
10月のCD講座で少しお伝えしたのですが、
そこまでの深いものではなく、簡単な質問で引き出すことも可能です。

もちろん、コーチングの深い技術を組み合わせて引き出すと
もっと強い「やる気」が出てくるんですけどね。
[br num="1"]

で、今日はその簡単な質問をご紹介してみましょう。
[br num="1"]

やる気を引き出す質問とは、
「あなたは、何のために仕事をするのですか?」
というものです。

モチベーションとは、動機づけのこと。
つまり、「仕事への動機」を聞くこと自体が、
モチベーションを引き出すことになるんですね。
[br num="1"]

で、この質問をすると、特に社員の方などは
「生活のためにやっている」
という答えを返してくれることがあります。

もちろん生活は重要なのですが、「生活のためにする仕事」は
モチベーションとしてはかなり低いです。

これは、「仕事をしないと生活できない」という前提が原因で、
つまり「やりたくもないけど仕方なくしている」という考えが
その裏側にひそんでいるからです。

こういう場合は、別の「動機」を探してあげることが必要になります。
[br num="1"]

今日は詳しくやりませんが、仕事をする目的は、
・将来の夢
・大切な人
・自己実現
・好きなもの・こと
あたりから引き出してくると、前向きなモチベーションになります。

自分のモチベーションでも、社員のモチベーションでも、
これらの要素を深く理解するところから始めてみましょう。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「何のために仕事をするのか」を深く考えよう

Pocket

-ブログ, 人材育成, コーチング

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社