ブログ 人材育成 コーチング 能力開発・自己革新

答えが見つからないときにどうすべきか

Pocket

すみません、今日は予定が立て込んでいるので、短めに。

昨日のセミナーでは、「自分の思考パターン」について
一日かけて掘り下げて考え、それを変えるというプロセスを行いました。

この「思考パターン」とか「常識」「考え方」というのは、
人それぞれまったく違っていて、
この「考え方」が、その人の現実を左右します。

たとえば、「他人に隙を見せると攻撃される」という考え方を持っていると、
常に他人に対して警戒し、距離をおいた付き合い方をします。
当然、友達は少なく、人付き合いは疲れるものになりますし、
営業などをするのも難しくなりがちです。
[br num="1"]

で、この「考え方」というのは、自分ではなかなか気づかないので
昨日は自分にとってネガティブな考え方を発見する
プログラムを提供したんですが、
やはり慣れないことを考えるので、結構大変です。

それで、セミナー中に、ある参加者の方が
「普段、そんなことを考えたことがないので、わかりません」
と答えました。

そりゃそうでしょう。普段考えるようなことだったら
わざわざセミナーに来て考える必要はありませんからね(笑)

そこで私は、こう返しました。
「あなた自身のことを聞いているので、わからないはずはありません」

まあ、この言葉だけ切り取るととても乱暴な言い方ですが、
実際、「一生懸命に考えればわかるのに、わからないと言ってしまう」
という人が多いのです。
(もうちょっと丁寧に、優しくいいましたよ。念のため)
[br num="1"]

私たちは、学校教育の中で、授業中に先生に当てられたとき、
「わかりません」
と答えることがありました。

多くの先生は、早く授業を進めたいので、「じゃ、次の人」と言って
別の生徒に答えさせます。
「わかりません」に対して深く突っ込んで聞くことはありません。

すると、「わかりません」と答えた生徒は、それ以上考えなくていい。
答えがすぐに出なければ、「わかりません」と答えれば、
そこで考えるのをやめることができるのです。
[br num="1"]

学校ではそれでもいいのですが、自分の人生について考えたり
ビジネスや経営について考えるときには、
そこで考えるのをやめてはいけません。

「わからない」という結論が出たときに、その先を考える。
そういう姿勢が重要になってきます。

ご自身が「わからない」となったときに、考えるのをやめない。
社員が「わかりません」となったときに、もっと突っ込んで考えてもらう。
この姿勢を持つことで、今までより良い答えを導くことができるのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

「わからない」ことを突き詰めて考えよう

Pocket

-ブログ, 人材育成, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社