人材育成

メンタルの弱い人を、強くするには?

Pocket

PUEAD2qaEvDBKui_HMv5V_121
失敗すると、その失敗をいつまでも引きずってしまったり、
うまくいかないと、どんどん思い悩んでしまったり、
他人の目を気にしすぎて、動きが遅くなってしまったり・・・

「メンタルが弱い人」というのは、どこにでもいるものですね。

コーチングの世界では、成功の要素として、
「スキルやノウハウは20%、メンタルが80%である」
と言われています。

上司としては、部下のメンタルを強化して、
もっといいパフォーマンスを発揮してほしいところですね。

そこで、今日は、相手のメンタルを強化する方法をお伝えします。
「メンタルが弱い」というのは、言い換えると
「少しのことで感情がネガティブな状態になる」ということ。

つまり、落ち込みやすく、前向きになりにくいということですね。

こういう人を、落ち込みにくく、前向きにすればいいわけです。

そのために、上司がすることは、「失敗させる」こと。

もちろん、ただ失敗させるのではありません。
それでは、弱いメンタルがもっと弱くなってしまいます。

そうではなくて、
「失敗させ、それを思いっきり承認する」
ということです。

メンタルの弱い人は、「失敗=悪」と考えています。
失敗してしまうと、評価が落ちる。
失敗してしまう自分は悪だから、価値がない。
失敗してしまう自分なんて、ここにいてはいけない。

極端にいうと、それくらいのことを考えたりします。

だから、ちょっとした失敗でも、すぐに落ち込みますし、
失敗する可能性のあることは、怖くてやれません。

これが、メンタルの弱い人のパターンなんですね。

ですから、この「失敗=悪」という前提を壊してしまう。
失敗しても、ぜんぜんOKにしてしまうんです。

そうすると、失敗が怖くなくなります。
失敗が怖くなくなると、失敗しても落ち込まないし、
失敗する可能性があることも、行動できるようになるんです。

もちろん、仕事の上での失敗などは、責任を取る必要はあります。
ただ、それは上司がフォローしつつ、リカバリーすればいいことです。

責任をとって対処する必要はあるけど、咎める必要はない。
失敗したときに、咎めるのではなく、対応を考えさせる。

失敗をしても、その人の価値は下がらないという考え方を持ち、
それを部下が実感したときに、その部下のメンタルは
とても強いものになります。

これをやるには、上司のメンタルが強くないといけなんですけどね(笑)
★まとめ

失敗は、咎めるのではなく、対応策を一緒に考えよう

Pocket

-人材育成
-, , , , ,

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社