Pocket

経営者やマネージャーのみなさんと話していると、こんな悩みをお聞きします。

  • 「部下が言うことを聞かない」
  • 「社員が何を考えているかわからない」
  • 「社員に会社の理念や思いが伝わらない」
  • 「困った社員がいて、どうすればいうことを聞くんだろうか」

多くの会社で、「社員」が悩みのタネになっているのです。

■そのような悩みの助けになるべく、この本を書きました。

この本は、コーチングの本です。

コーチングを使って、社員と上手くコミュニケーションを取ったり、
やる気を引き出して、自分から動ける人材に育てたり、
困った社員にどう対応すればいいかを発見したり、
というために、現場で使えるコーチングの基本的な技術をまとめました。

多くのコーチングの本は、「コーチング」が主体であり、
コーチングそのものを学習するというものが多くありました。

ところが、コーチングは、そのままでは現場で使うのが少し難しく、
学んだ人が現場で「応用」する必要があったのです。
これでは、本業で忙しい経営者や管理職が
「すぐに使える」というわけにいきません。

そこで、本書は「部下のマネジメント」を主体とし、
そのための手段としてコーチングをご紹介しました。

部下を持つ人が直面するビジネスの場面で
「そういうときには、こういうスキルが使えます」
という形でコーチングの技術をお伝えしています。

「ビジネスでの課題」がメインで、その解決策を示した本ですから、
読んですぐに現場で使えますし、困ったときに参照していただければ
コーチングの視点からのヒントが得られます。

部下をマネジメントする負荷を減らし、質を高め、
より良い人材を育てることに活用していただきたいと思います。

また、巻末には特典として、本書の内容を説明したセミナーの
動画を無料でご覧いただけるURLが記載されています。
こちらも併せてご利用ください。

12月13日発売予定です。
いち早くお届けするためにも、今すぐご予約ください。

社員が自分から働き出す「やる気」を引き出す秘密とは?

仕事で使えるコーチングの本

Pocket