ブログ 人材育成 コーチング ビジネス

「腰掛け程度のパート社員」をどう扱うか

Pocket

昨日のコーチング講座中に、皆さんにコーチングをお見せしたんです。
百聞は一見にしかずといいますし、あれこれ学ぶより
実際にやっているところを見たほうがイメージがしやすいですからね。

で、受講生から2名ほどクライアントを募りまして、
打ち合わせなしのライブコーチング。

そのうちの一人の方が、おもしろい経営の悩みを抱えていたので
守秘義務に配慮しつつ、細部をちょっと変えてご紹介します。
[br num="1"]

さて、経営者のMさん。
スタッフ8名ほどのサービス業を経営しています。
(守秘義務があって、詳細は書けません。ごめんなさい)

相談内容は、
「腰掛け程度としか考えていないパート社員ばかりで、
 プロ意識を持って仕事をしてくれない」
という問題でした。

実際、スタッフは全員パートさんで、正社員は雇っていません。
「会社の財務に余裕が出たら雇いたいけど、
 パートさんにやる気がなくて売上を伸ばせない。
 売上を伸ばすためにはやる気のある正社員が必要」
という、卵が先か鶏が先かみたいな状況なんだそうで。
[br num="1"]

このMさん、あれこれ突っ込みどころが満載で、
事あるごとに「それって、本当に?」と質問していたんですが、
Mさんの中では、それが強固に「正しい」ことだったので、
しばらく黙って聞いていたんですね。

すると、その中でMさんが何回か口にした言葉が気になりました。
[br num="1"]

「この仕事に使命感を感じてやれとは言いません。
 せめて、自分を磨くため、くらいの考えを持っていてほしい」

「でも、自己成長すら考えていないで、お金のためとか、
 余裕がほしいからとか、そういう理由で働いている人ばかりなんです」
[br num="1"]

私は、この言葉を聞いて、Mさんの会社のスタッフが
やる気が出てこない理由がわかりました。
[br num="1"]

Mさんは、「使命感を感じてやる仕事が一番上」
「自分を磨くための仕事は、それよりも劣っている」
「お金のためや余裕がほしいための仕事は、もっとレベルが低い」
という、「仕事観への序列」を持っていたんです。

これは「せめて」「すら」という言葉から推測できるんですが、
「序列を付けてませんか?」と聞くと、「そうかもしれない」
と答えてくれたので、実際そうだったようです。

よく、「ライスワーク(食べていくための仕事)よりライフワーク」
なんて言われていますし、たしかに使命感を持っていたほうが
より強いモチベーションで働くことができます。
仕事の質も高まっていくのは、否定しません。

社長は特に、そのような使命感を持っていないと務まりませんし、
それがあるからこそ、高い基準で仕事ができるわけです。

ですが、その序列をもって、社員を劣っていると見下してしまうと、
社員は敏感にそれを感じます。

Mさん自身も、「社員の姿勢が、お客さんに伝わるんです」と
言っていたので、社長の姿勢が社員に伝わるというのも
すぐに実感できたようでした。
[br num="1"]

「所詮パートなんて、お金のためにしか仕事していない」
という思いでパート社員に接していると、
パート社員たちは「社長に見下されている」「認められていない」
と感じます。

認めてくれない、見下してくる社長のために、
どうして一生懸命に働けるでしょうか?

「所詮腰掛けのパート」とみなしてくる社長の理念に
どうして共感して一緒に取り組めるでしょうか?

Mさんには、コーチングのセオリーを少し離れて、
私の個人的な意見を伝えました。
[br num="1"]

「たしかに私は、序列を付けて見下していたかもしれません」
と、私の意見を受け入れてくれたMさんは、
そこから自分でその「序列」という考え方を変え、
社員と対等という考え方に変えてしまいました。

ここから、Mさんの会社がどう変わっていくのか、
今からちょっと楽しみにしています。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

社員の考え方に優劣をつけるのをやめてみよう

Pocket

-ブログ, 人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社