ブログ コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

「自分の強み」がわからないときの質問

Pocket

マーケティングの基本でもあるんですが、「自社の強み」を明確にし、
自分の強みを活かしてビジネスをしたほうが
いい結果を出すことができます。

なので、個人・法人を問わず、「強み発掘」みたいなセミナーが
よく行われています。
[br num="1"]

先日も、Kさんという方から「自分の強みを見つけたい」という
相談をいただき、お話を聞きました。

「自分の強みについて、人に聞いたり自分の過去を考えたり
 いろいろやってみたんですけど、いまいちピンとこないんです」

そうなんです。

「私の強みって何ですか?」と周りの人に聞いて歩いたって、
人は他人の強みになんて興味が無いわけで、
ぶっちゃけ「よくわからない」です。

友達とかだと、それじゃ角が立つので、
「人柄が親しみやすいところかな」とか言ってくれますが、
よほど親しくて、よほどあなたのことを気にかけてくれている人でなければ、
的確に「本人が気づいていない強み」を指摘するのは難しいでしょう。
[br num="1"]

実は、強みを発掘するときは、強みを見つけようとしてはいけません。
[br num="1"]

アタマで考えた「強み」なんて、どうせ大したことありません。
そうではなく、自分が自然にできてしまっていること、
「こんなの、普通でしょ?」と思うようなこと、
それが本当の強みです。

なので、質問で引き出すなら、そういう質問をするんですが、
今日は一つ。強み探しの視点をご紹介します。
[br num="1"]

それは、「ビジョンからスタートする」というもの。

個人であれば、「あなたの夢はなんですか?」
「あなたがやりたいことは何ですか?」という質問から始めます。

そして、
「その夢を実現するために、あなたが一番できそうなことは何ですか?」
「やりたいことをやるために、一番自信を持てるのは何ですか?」
という質問が続きます。
[br num="1"]

「強み」というのは相対的なものです。
背が高いことは、蛍光灯を取り替えるためには強みですが、
狭いところに入っていくためには弱みになります。

ある目的のために有利な特徴が「強み」であり、
ある目的のために不利な特徴が「弱み」なのです。
だったら、まずは「目的」がわからなければいけません。

なので、「夢」や「やりたいこと」「ビジョン」を明確にして、
それをやりやすくする自分の特徴を考える。
この手順で「強み」を引き出していくんです。
[br num="1"]

ちなみに、法人の場合は
「御社の理念は何ですか?」
「御社の5年後のビジョンはどんなものですか?」
「もっとも貢献したいお客さまはどんな人たちですか?」
という質問からスタートします。

自社の理念から引き出された強みは、競合他社と比較する必要がなく、
しかも企業の存在意義に直結していますから、
そこに集中していれば、ブレることもないのでお薦めです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント  

まずは自分たちの「目的」を意識しよう

Pocket

-ブログ, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社