人材育成 コーチング 能力開発・自己革新

「頭のいい人」の、ある習慣

Pocket

私は職業柄、いろいろな方のお話を聞くことがあります。

経営者はもちろん、管理職、一般社員、主婦や学生など、
さまざまな方の悩みを解決するお手伝いをしているのですが、
コーチングは、私が解決してあげるわけではありません。

あくまで解決するのはクライアントご自身。
コーチはその「自力で解決する道筋」をつけ、
「自力で解決する能力」を引き出し、
「自力で解決できない理由」を解消するだけ。

最終的には、ご自身で考え、行動してもらうわけです。
[br num="1"]

そのようにコーチとして、多くの方の「思考」に触れていると、
頭のいい人と、残念ながらそうでない人がいます。

頭のいい人は、自分の専門外のことでも、自分なりの答えを出せたり、
少しの情報を応用して、幅広い理解ができたりします。
総じて応用力が高く、より良い答えを導くことができます。
[br num="1"]

私は多くの人とコーチングしているうちに、
頭のいい人が、なぜ頭がいいのか、
頭のいい人が共通して持っている、あるパターンに気づきました。
[br num="1"]

それは、
【考えるのをやめない】
ということ。
[br num="1"]

ほとんどの人は、問題の解決策を考えていると、
「うーん、わかりません」といって、そこで考えるのを止めてしまいます。

実は、「答えが出ないことを考える」というのは、強いストレスなので、
慣れていない人にとっては、とてもつらいこと。
なので、ある程度考えて答えが出ないと、「わかりません」と言って
考えるのをやめ、コーチに「正解」を教えてもらおうとします。

まあ、私は答えを知らないわけで、教えてくれと言われても
教えようがなく、さらに考えてもらうわけですが。
[br num="1"]

一方、頭がいいなぁ、と思わされる人は、「わかりません」と言いません。

常に「ああかな、こうかな」と、問題に対して思考のアプローチをして、
自分なりの答えを出そうとします。

たとえ、その答えがいいものでなかったとしても、
とにかく答えが出るまで諦めない、というのが、頭のいい人たちの共通点です。

出した答えに対して、さらに深く考える。
「この答えだと、うまくいかないかもしれない。だったら、これはどうだ?」
と、ベストの答えが出るまで考えるのをやめない。

こういう方にコーチするときは、本人の思考を邪魔しないように、
要所要所で「視点を広げる質問」をするのですが、
そうすると、さらに彼らは考え、質の良い答えを出してきます。
[br num="1"]

能力を高めようと思ったら、何事もトレーニングが必須。

普段から「考える」ことをたくさんやっている人は、
「考える」能力のトレーニングをたくさんしているのです。

だから、考えるスキルが高くなっているので、「頭がいい」となる。

このトレーニングをあまりしていない人は、考えるスキルが低いため、
頭がいい人に比べて、考えるのがうまくできないのです。
[br num="1"]

つまり、頭が良くなろうと思ったら、トレーニングです。
答えが出るまで、諦めずに考える。
すぐに答えを知ろうとしないことです。

「答えを知っている」のではなく、
「知らない答えをなんとか出そうとする」。

この姿勢が、頭のいい人の共通の特徴なのです。
[br num="1"]

★やる気のある人材を育成するコーチングスキルのポイント

考えるのをやめずに、答えが出るまで考えよう

Pocket

-人材育成, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社