コーチング 能力開発・自己革新

エグるコーチングのやり方

Pocket

どうも最近、私は「ドSコーチ」やら「内面エグる系」やら
えらい言われようなんですが(笑)、
そんな私が、どうしてそう言われてしまうのかを考えてみました。
[br num="1"]

実際のところ、私が「エグる」ことを意図してコーチングすることは
ほとんどありません。

目的はクライアントさんに結果を出してもらうことですから、
エグろうと思ってエグっているわけではないのです。
ただ、結果的にエグッてしまっているだけなんですね。

たまに「どうやってエグるんですか?」と聞かれますが、
別に内面をエグるスキルがあるわけではないのです。
[br num="1"]

では、私が何をやっているのかというと、
「相手の話の、疑問に思う部分を詳細に聞く」
「話や行動の中で一貫性のないところを確認する」
ということです。

この作業が、人によっては「えぐられた」と思うのでしょうね。
[br num="1"]

たとえば、わかりやすい例を挙げるとすると、
「甲子園で優勝したい野球少年」がいたとします。

この子が「甲子園で優勝したいんです」と言いながら、
毎日練習をしていなかったら、どうでしょうか?
[br num="1"]

私だったら、不思議に思ってしまうのです。

優勝したいなら、練習するのが普通だろうに、
練習しないのには何か理由があるのではないか?
練習しない事情や問題があるのではないか?

もしそれがあるなら、対処しないと、目標達成ができません。
クライアントが目標達成するためのコーチですから、
そこはちゃんと確認する必要があるわけです。

で、
「どうして練習していないんですか?」
という質問になります。
[br num="1"]

たとえばその答えが「友達に誘われて、時間が無くなるんです」
というものだったとすると、
「この人にとっては、甲子園より友達のほうが重要度が高いのかな」
と私は理解します。

そうでなければ、友だちに誘われても練習しますからね。

ただ、これは私の推測なので、クライアントに確認をします。
「なるほど、甲子園より友だちと遊ぶほうが重要なんですね」
[br num="1"]

多くの人は、こういうことを言われたときに
「エグられた」という反応をしますね。

たぶん、「甲子園で勝ちたい」と口で言いながら
それより友だちと遊ぶことを優先しているという矛盾に
気付かされてしまってバツが悪いとか、そういうことなんでしょうが、

別にエグッているわけではなく、ただの確認作業なんです。

ただ、クライアントとしては、自分のバツの悪さや
覚悟の中途半端さを自覚してしまうので、感情が動きます。
この「感情の動き」が、行動を生むわけですね。
[br num="1"]

つまり、
「相手の話の全体像を掴み、噛み合わない部分を見つける」
「噛み合わない(理解できない)部分を確認する」
「自分が理解したことを、「私はこう理解しました」と伝える」
ということをやっているだけで、
別にエグッているわけではないのです(しつこい)
[br num="1"]

これは、部下の指導でも同じことがいえます。
頭ごなしに「それは違う」と否定したり、
「こうやるべきだ」と意見を押し付けたりするのではなく、

部下の話の全体像を掴み、矛盾点を見つけ、指摘・確認する。
こうすることで、部下が自ら気づき、感情を動かして
振る舞いを改めるようにしてあげればいいのです。

そうすると、部下自身が「変化しよう」と思って動くので、
上司に何かを言われるより、高いモチベーションで仕事に取り組みます。
[br num="1"]

影響力の基本は、「相手を理解する姿勢」から始まるのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

相手の話の矛盾するところを、確認しよう

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社