コーチング 能力開発・自己革新

自己否定する勇気

Pocket

コーチングやメンタル系の業界にいると、
「自己承認」や「自己肯定」を重要視することが多いです。

実際、私も「自己信頼」を大切にしていて、
自分を信じ、受け入れ、肯定することはとても重要だと考えています。

ですが、それと同時に、「自己否定」も重要なんです。
[br num="1"]

よく、コーチングを始めたばかりの人が
「私のコーチングには価値がありますから、
 1時間3万円です!」
と言って募集しているのを見かけます。

それで、フタを開けてみると、
「ぜんぜん集客できません。どうしてでしょうか?」
なんて言ってたりするんですね。
[br num="1"]

まあ、価格は自分で決めるものですし、
実際にその人の技量を見たわけではないのでわかりませんが、
客観的に見ると、当たり前の結果です。

コーチングを始めたばかりで、まだ実績もなく、経験も少ない。
下手すると、コーチングスクールでワークをやっただけ、なんて人もいます。

そういう人に相談することに、3万円ものお金を払うというのは
冷静に考えれば、ありえない話です。
[br num="1"]

だけど、本人は「私には価値がある」「私はすごいんだ」という
変な自己肯定感を持ってしまっているので、

「私のコーチングには、価値がないのかもしれない」という
普通なら当然考えるべき仮設に行き着かない。

現実を受け止められず、自分を客観視できないんですね。
[br num="1"]

「私のコーチングは、市場では価値を持っていない」という
自分に対するある種の否定を、自分できちんとすること。

そして、その否定から始まって、
「それなら、価値を感じてもらえるように努力する」
という、健全な努力を積み重ねることです。

そうすれば、スキルを高めるなり、営業やマーケティングを学ぶなり、
師匠につくなりコーチをつけるなり、
何らかの対策を打つことができるようになるわけです。

現状の否定から、きちんと成長につなげることができれば、
自己否定だって怖くないし、むしろ役に立ちます。
[br num="1"]

私たちは、例えればダイヤモンドのようなもの。
それぞれがとても価値のある人物であり、存在です。

ですが、ダイヤは磨かなければただの石ころです。
「石ころ」の状態で「でも、価値があるからいいんだ!」と言っていたら
ちょっとイタい人になってしまいます。

「原石としての価値はあるが、まだ磨いていない」
「磨く前の自分は、ただの石ころと同じだ」
「きちんと磨いて、価値を最大に活かすんだ」

こういう健全な自己否定をすることこそが、
自分を最大に活かし、周りからも認められることにつながります。
[br num="1"]

盲目的な自己肯定「だけ」では、人生の質は上がらないのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

今の自分を健全に否定し、そこから成長につなげよう

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社