ブログ 人材育成 ビジネス 能力開発・自己革新

ビジネスのステージを一段高めるお金の使い方

Pocket

経営、というのは、「ヒト・モノ・カネ・情報」という
経営資源をいかに配分するかだと言われます。

ひとり社長やフリーランス、士業の先生などは、
「ヒト」が自分だけなので、「時間」も記帳な経営資源ですね。

さて、その中で、なんだかんだ言っても重要になるのが「お金」です。

この「お金」の使い方で、ビジネスの成否が決まる
なんていう人もいます。
[br num="1"]

基本的に、「お金」は、「さらに大きな売上や利益を生む」ことに使います。
さらに大きな利益を生むためにお金を使うことを「投資」と言いますね。

たとえば、お店の改装・新しい機械・広告・良質な人脈・
人材育成・求人や採用などでしょうか。

そういうところにお金を使って、よりお客さんの満足を高めたり
新規のお客さんに出会ったりするのが、「投資」的なお金の使い方です。

友達同士の飲み会や、必要以上の高級車、ブランド物の時計などは
広い意味では売上につながるかもしれませんが、
あまり投資効率は高くないでしょう。

「使った分以上の利益を回収する」ために使うのが、「投資」です。
[br num="1"]

その中で抜群に効率の良い投資があります。

これはよく、セミナー業界で言われることなんですが、
「自分に投資する」というのが、ものすごく投資効率が高いです。

特に、ビジネスを始めたばかりだったり、あまり売上が上がっていないときは
「自分自身」の能力を高めることが必須になるからです。

ある程度以上に勉強したり経験を積んでいる人は、それ以外の分野に
使う割合が高くなっていきますが、私の周りのうまくいっている人は
それでも自分への投資をやめることはありません。

本を読む、セミナーに出る、コンサルティングやコーチングを受ける、
体を鍛える、整体などでメンテナンスするなどなど。

自分の価値を高めるためのお金の使い方をすることで、
「自分が商品」の人は、そのまま商品価値が高くなりますし、
営業職の人は、お客さまからの反応が良くなり、信頼されやすくなります。
経営者は、意思決定や人材育成の質が高くなり、売上が上がります。
[br num="1"]

で。
私の経験上、そして周りの人の経験上、この「自己投資」にも
重要なポイントがあるんです。

それは、
【自分の身の丈を少し超えた、高レベルの投資をする】
ということです。
[br num="1"]

たとえばセミナーにしても、自分の中で「出せる金額」というのは
だいたい上限が決まっています。

いつも無料のセミナーに参加する人は、出しても5000円くらい。
いつも数千円のセミナーに参加する人は、上限が1〜2万円くらい。
いつも万単位の人は、頑張って10〜20万円くらい。

自分の中で、自己投資に出せる予算は、だいたい決まっていたりします。

重要なのは、その「予算の上限」を超えた投資をすることです。
ざっくりいうと、「高いな」「その金額は厳しいな」と思うような
高額の自己投資をする。

そうすると、今までの自分のレベルより上の情報が入ってきます。
今までの自分より真剣にセミナーやコンサルを受けるようになります。
今まで参加していたセミナーより良質な人と出会うことができます。

その結果、ビジネスの成長が飛躍的に速くなるんです。
[br num="1"]

私も、今までに何度も「ちょっとムリだな」と思うような
高額のセミナーやコンサルティングを受けました。

その時はキャッシュフロー的にもきつくなるし、負担も大きくなりますが、
そこで得た情報や人脈によって、今までにない成長ができ、
新しいステージに上がることができました。

決して、そのときにお金がたくさんあったわけではありません。
無理を言って、分割払いにしてもらったこともあります。
それでも、自分が必要だと思った投資は、なんとかして投資する。
[br num="1"]

「お金があるからやる。ないからやらない」というのは、
自分の判断の基準が「お金」になっています。

これはつまり、自分の選択を「お金」に委ねていることになります。
お金によって自分の思考や行動が制限されている、
と言いかえることもできます。

そうではなく、自分が「必要だ」「やりたい」と思ったら、
その自分の意志を優先して選択します。
お金の問題は、その後でどうにかする。

実は、この方がお金を扱う力も成長します。
[br num="1"]

もちろん、なんでも構わず、お金がなくても借金してやれ、
というわけではありません。
(私、それをやって何年も大変でした)

きちんと会社を維持できる、生活が成り立つ財務の基盤は重要です。

ですが、大きな変化を起こしたい、現状を打破したいと思ったら、
選択を大きく変えることも必要です。

私のコーチングが安くないのも、そういう意図があったりします。

もし、予算の有無で選択の幅が狭くなっている方がいたら、
その予算を超えた選択をすることも検討してみてください。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

「予算」に縛られるのをやめてみよう

Pocket

-ブログ, 人材育成, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社