人材育成 コーチング ビジネス

「やる気スイッチ」は、どこにあるのか

Pocket

「やる気スイッチ」というと、個別指導の学習塾ですが、
この言葉を名刺に入れておいたことがあります。

「3秒でやる気スイッチがオンになる」と書いておくと、
けっこう反応してくれる方が多く、

「ウチの社員のやる気スイッチを入れてやってくださいよ」
「私のやる気スイッチ、どこですかねぇ」
なんて、冗談交じりに言われたことがあります。
[br num="1"]

そんなにやる気が出てないのかと驚きましたが(笑)、
たしかに、私たちの多くは、常にやる気オンなわけではなく、
やる気のあるときとないときがあります。

そして、必要なときにオンにできれば、便利ですよね。

この「オンにする」のが、コーチングの技法にいくつかあって、
名刺のキャッチコピーに使っていたのですが、
実際、3秒とは言わないまでも、かなり短い時間で
「やる気スイッチ」をオンにすることは可能です。
[br num="1"]

そのためには、まず「やる気スイッチ」がどこにあるのかを
知る必要があります。
電気のスイッチと同じで、どこにあるのかわからないと、
オンにすることはできませんからね。

さて、アンソニー・ロビンズによると、私たちの「やる気スイッチ」は、
・アイデンティティ
・人間関係
・価値観
・6つの欲求
・欲求を満たす手段
だと言われています。

それぞれ、細かく解説すると、それだけでセミナーができるほど
専門的なものになってしまうので、ここでは割愛しますが、
今日は「価値観」について。
[br num="1"]

「価値観」とは、「その人が何に価値を感じるか」ということ、
つまり、「その人にとって大切なもの・こと」です。

ここを刺激すると、やる気を引き出すのが比較的カンタンです。
[br num="1"]

たとえば、「成長」を大切にしている人の場合、
「成長」につながる仕事をしているときは、やる気が出ます。

逆に言うと、仕事を「成長」につなげてあげると、
やる気スイッチがオンになってしまうのです。

「その仕事をやったら、君はどういうふうに成長する?」
という質問などが、わかりやすいかもしれません。
[br num="1"]

人によって、「大切なもの・こと」は違いますから、
まずはそこを会話などで引き出す必要があるんですが、
一度それをわかってしまうと、どんどんやる気を引き出せます。

その人にとっても、前向きに楽しく仕事をすることができます。

ぜひ、部下のやる気スイッチを探してみてください。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

部下は「何を大切にしているか」を理解しよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社