コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

「答えは相手の中にある」は本当なのか。

Pocket

コーチングを学ぶと、最初に言われるのが、
「答えは相手の中にある」
という考え方。

これがコーチングの基本姿勢だと言ってもいいでしょう。
[br num="1"]

コーチングを受ける人(クライアント)の中に答えがあるんだから、
他人であるコーチが「ああしなさい」「こうしなさい」と
答えを押し付けてはいけませんよ、ということなんですが、

よく、経営者向けのセミナーなどでお話すると、
「答えは相手の中にあるっていうけど、そんなことはないよね」
と言われることがあります。

いわく、「知らない答えは引き出せないでしょ」というもの。
[br num="1"]

たしかに、統計を学んだことのない人に対して
「商品Aと商品Bの売れ行きに差があるかを、統計的に解析して」
と言っても、それは無理な話。

相手の中に答えがないことも、現場では多々あります。
[br num="2"]

ただ、この話には大きな勘違いがあります。
[br num="1"]

大前提として、「コーチングは相手の中から答えを引き出すもの」
という考え方があるんです。

この、「答えを引き出す」が、違う。
[br num="1"]

たしかに、答えを引き出すこともありますが、
本質的には、コーチングは答えではなく、
もっと重要なものを引き出しているんです。
[br num="2"]

それは、【相手のパフォーマンス】です。

能力や才能と言い換えてもいいでしょう。
[br num="1"]

コーチングは、対話や質問を通して、
相手が自分を制限している思い込みや考え方を改善し、
それによって十分な能力を発揮できるようにするものです。

そして、迷いや不安などの感情に対処して
より本人のゴールにふさわしい選択・決断ができるように
感情的な支援をするというものです。
[br num="1"]

知識・情報をどうこうするものとは、ちょっとレベルが違う。
プロのコーチングは、そういう意図を持ってやっているわけです。
[br num="1"]

その視点からいうと、やはり「答えは相手の中にある」んですよね。
その人の中で最高のパフォーマンスは、その人の中からしか出てこないし、
その人の決断は、その人にしかできません。

もしかすると、誤った選択をするかもしれませんが、
そのときにコーチは、間違いを学びに換え、目標達成の糧にします。
失敗しても前に進めるような強さを引き出すのが、コーチです。
[br num="1"]

コーチングを使えば、どんどん正解がわかって、失敗しなくなるのではない。
コーチングなら、失敗しない答えを引き出されるのではない。

失敗してもへこたれない強さを引き出すのがコーチングだし、
失敗を恐れず、信じた決断を実行できるようにするのがコーチングです。
[br num="1"]

最終的には、コーチングを受ける人の「自主性」を育て
自分で自分の人生を作っていけるようになっていただく。

これが、プロコーチの仕事だと思って、日々取り組んでおります。

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新
-, , ,

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社