人材育成 コーチング ビジネス

「部下がついてこない」ときに、忘れていること

Pocket

※コーチングの事例なので、守秘義務に配慮して詳細を変えてあります。
[br num="1"]

ある会社の管理職であるSさん。

「最近、部下がついてこないんです。
 不満も、直接私に言わず、部下同士で愚痴を言い合っているみたいで…」
という悩みについてのご相談でした。
[br num="1"]

これは、どこの管理職でも、一度はぶつかる問題です。
個人的にコミュニケーションが得意でも、上司と部下になった途端に
相手が気を遣ってしまったり、話を聞けなくなったりする。

これは、関係性が変わってしまったので、仕方のないことでもあります。
[br num="1"]

ですが、「仕方ない」で済ませておけるものでもありませんよね。
やはり、部下にはついてきてほしいですし、
そうでなければ会社は成り立ちません。

こういうとき、多くの上司(社長)が忘れてしまっていることがあります。
Sさんも、これはすっかり忘れてしまっていたようでした。
[br num="1"]

それは、
「会社の【理念】を伝える」
ということです。
[br num="1"]

理念を伝えていないと、部下は
「何をするか」「どのようにするか」に意識が向きます。

「何を」「どのように」というのは、感情が動きませんから、
仕方なくやる、給料のためにやる、命令だからやる、
という、モチベーションの低い状態になってしまう。
[br num="1"]

理念、つまり「この会社(部署)は、何のために存在するのか」を
実感を持って伝えていると、部下は
「なぜその仕事をするのか」が明確になります。

「なぜ」というのは大きく感情を動かします。感情が動きますので、
理念のためにやる、やりたいからやる、貢献したい、
という、意欲を持った状態で仕事ができるようになります。
[br num="1"]

このことをSさんに伝えると、
「いえ、理念は伝えているんですよ」と言う。

「毎月これだけの数字を出そうとか、5年後には業界でトップになろうとか、
 いつも部下には言ってるんですけど、ついてこないんです」
[br num="1"]

えーと・・・
残念ながら、これは【理念】ではありません。ただの【目標】です。

自分たちの会社が、どんな方向性で、どのようにお役に立ちたいのか。
この「事業の目的」が理念であり、

どんな数字を出したいのか、どんな状態になりたいのか、という
「事業の状態」は、目標やビジョンです。

どちらも大切ですが、【理念】のほうがより重要。

理念は、社員に「働くことの意義」をもたらしてくれるからです。
[br num="1"]

可能であれば、会社の理念を。
経営者ではないので、それを示せないなら、部署の理念を。
それも難しければ、自分の理念を。

「こっちに向かって、こんな目的でやってるんだ」と示すことで、
部下に道を見せてあげるのも、上司の仕事なのです。

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス
-, , , , , ,

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社