人材育成 ビジネス

できる仕事? やりたい仕事?

Pocket

先日、経営者の勉強会でのこと。
社員の配置をどうするか、という話題になりました。

私はひとり会社でやってますから、社員を配置することはありませんが、
そういう相談を受けることはありますし、
「人の問題」はどの会社でもありますから、積極的に参加していました。

その中で、ある方が
「ウチは社員のやりたいことや希望を尊重して配属しますけど、
 やりたいことがそのまま適性があるとは限らないんですよね」
と言ったんですね。
[br num="1"]

コーチングや自己啓発の世界だと、
「やりたいことなら、やり続けていればできるようになる。
 だから、やりたいという気持ちが一番重要だ」
というような考え方が多い(ような気がする)ですが、

実際現場で見てみれば、「好きこそものの上手なれ」とは
限らないようなことも起こっているんですよね。
(取引先にもそういう社員がいました)
[br num="1"]

また、
「やりたいことを尊重するけど、やらせてみたら全く違うことのほうが
 その子に向いていて、すごく上達が早いなんてこともあるんですよね。
 本人が『やりたい』と言ったからといって、鵜呑みにはできないです」
という意見もあり、それもなるほどと思いました。

私、学生の頃は、営業などの仕事は向いてないと思ってまして、
塾講師や居酒屋の調理などのアルバイトをしてましたが、
いろいろやってみて、結局一番上手かったのは、パソコンの販売員でした。

適性なんて、やってみなきゃわからないところも多いですよね。
[br num="1"]

そういうわけで、
「できることをやらせる」のか「やりたいことをやらせる」のか
という議論が活発に起こっていたんですが、
ふと、「それ以外の視点で見ないといけなくね?」と疑問が出てきました。

それで、私が出した意見は、
「やりたい意欲もできる能力も、どちらも重要なんですが、
 それ以前に『その社員がどんなキャリアを積みたいか』
 『会社の中でどんな未来を実現したいか』のほうが重要なのでは?」
というものです。
[br num="1"]

たとえば、ある社員が
「自分は顧客の問題を解決するコンサル的な仕事をしたい」
と思っていたとしたら、その社員には
「顧客に触れる仕事」を経験させなければいけませんし、
「解決する能力」を高める仕事を与えなければいけません。

それなのに、「自分は事務仕事が得意なので、事務がいいです」
と言ってそれをやらせていたら、
その社員は「将来なりたい姿」にはきっと届かない。

その時はうまくできなくても、少し負荷がかかっても、
「未来のための仕事」を与えたほうがいいこともあるのではないでしょうか。
[br num="1"]

これをやるには、社員と向き合って対話しなければならないので
経営者としても上司としても、少し大変なところがあるのですが、
中・長期での人材育成を考えると、必要なこと。

もちろん、すべての社員の望みを100%叶えることは
現実的に難しいことではありますが、
そちらを意識するだけでも、われわれの選択が変わってきます。

少し、違った視点を取り入れてみましょう。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

社員のために必要な経験は何かを考えよう

Pocket

-人材育成, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社