人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

なぜ、問題行動をとる社員が現れるのか?

Pocket

先日、Facebookを見ていると、こんな趣旨の書き込みがありました。

「ウチの会社に、とんでもないやつがいる。
 いつもSNSで我が社の悪口を書いて迷惑をかけるだけでなく、
 ろくに仕事もしないで寝てばかり。
 だけど、簡単にはクビにできない事情があって困っている」

・・・大変そうだな、と思いました(笑)
[br num="1"]

まあ、ここまでひどいことはないにしても、
ちょっと「この人は少し問題だな」と思うような
振る舞いをする社員は、大きな会社でもいたりします。

実際、私も今振り返ると、会社員時代は
かなり問題社員だったと思いますしね。
[br num="1"]

さて、この「問題社員」。
どうして彼らは、問題となる行動を取ってしまうのでしょうか?
[br num="1"]

そのヒントは、「感情のニーズ」にあります。

これについては、過去に何回かご紹介していますが、
あらためて言うと、「人間の根源的な欲求」のことです。

アンソニー・ロビンズによると、私たちのすべての行動は
この「ニーズ」を満たすために取られているというのです。

ニーズは6つあり、「安定感」「不安定感」「重要感」
「つながり」「成長」「貢献」となります。
[br num="1"]

たとえば、頑張って仕事をして成果を出したいというのは
「自分はすごい」と感じたい重要感のニーズかもしれません。

しっかりとリサーチして行動するのは
確実な結果を出したい安定感のニーズかもしれません。

このように、「6つのニーズ」が行動の源になっています。
[br num="1"]

さて、この「6つのニーズ」ですが、
ポジティブなモチベーションだけではなく、ネガティブにも作用します。

ニーズの満たし方には、ネガティブなものもあるということです。

たとえば、うまくいっている人をこき下ろすのは、
その人よりも上の立場に立ちたい重要感かもしれません。

八方美人で自分の意見を言わないのは、
仲間はずれになりたくないつながりのニーズかもしれないわけです。
[br num="1"]

つまり、社員が「問題行動」を取るときも、その人は
「ニーズ」を満たそうとしているだけなのです。
その「満たし方」が健全でない、というだけのことです。

先の「会社の悪口をSNSに書きまくる社員」も、
もしかすると「会社に認めてもらえない」という重要感の不足を
SNSで書いて解消し、溜飲を下げているだけかもしれない。

さらに、SNSで「いいね!」がついたら、重要感も満たされるし、
「わかってくれる人」の存在が、つながりも満たします。

こういう「ニーズを満たす」行動として、
問題行動を取っているだけなんですよね。
[br num="1"]

では、どうすればいいのかというと、答えは簡単で、
その「問題行動」で満たしているニーズを
別の方法で満たしてあげる、または満たし方を教えてあげればいい。

SNSに悪口を書くより、仕事でちょっとした成果を出すことで
重要感やつながりを満たしてあげれば、
わざわざ悪口なんて書く必要がなくなります。
[br num="1"]

書き込みをした社長さんの言葉を読む限り、おそらく
この社長さん自身が、問題社員さんに対して普段から承認していなくて、
「あいつは問題だ」と言い、そのように扱っているようでした。

だから、社員は「認めてもらえない」不満が募り、
その重要感の不足をSNSで満たしているんだろうな、と。

結局、社長の接し方が原因であったように思えました。
(実際、別の方がコメントで「あなたに問題があるのでは?」と
 厳しいことを書いていました)
[br num="1"]

一方的に「あいつはダメだ」と非難するのではなく、
「なぜ、そのような行動を取るのか」を注意深く観察すると、
今までとは違う解決策が見えてくるのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「感情のニーズ」の満たし方を変えてみよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社