コーチング ビジネス

コーチング技術=商品の品質

コーチにとって、コーチングの技術っていうのは
そのまま自分(自社)が扱う商品の品質ってことになります。

つまり、技術が未熟なうちは、
品質の高くない商品を扱っているということです。

われわれは技術職ですから、最初のうちに未熟なのは仕方ない。
だからこそ、日々鍛錬を続けることで、品質を上げていって、
お客様により良い商品を提供できるようになっていくわけです。

 

さて、10年前から手を返しなお変え、よく見かける
「コーチング未経験でも月100万円の収入!」
みたいなノウハウだかセミナーだか、
そういうものについて考えると、

コーチング未経験の人が、ちょこっとセミナーで習った技術を
おそらく数十万円の値段で売るという話になるんですよね。
(1回数千円のコーチングで月100万は現実的でないので)

これが、果たして成り立つのか、と。

 

別の業界でたとえると、

「美容師未経験で、セミナーで習ったので、
カット1万円で切ってあげます。
100人切れば月100万円だ〜(*´▽`*)」

「自動車整備をやったことないけど、セミナーで習ったので
車検整備を10万円でやってあげます。
10台やれば月100万円だ〜(*´▽`*)」

 

…マジで恐ろしいです(笑)

 

お客さんを騙して、コピーライティングで煽って、
その場は売上になるかもしれませんが、

腕が伴っていなければ、そんなのはすぐにバレますし、
なんならクレームになったり返金を求められたりします。

短期で売り逃げたい人でなければ、おすすめしません。

 

私、コーチングを仕事にしてもう15年近くなります。
15年の間やってこられたのって、やはり

「コーチング技術の向上を怠らなかった」からです。

 

だからこそ、
「難しい状態の人でも、中城ならきっとなんとかしてくれる」
と信用してくれて、

「メンタルで困ってる人がいるので、見てもらえませんか?」
「お酒をやめたい人がいるので、コーチングしてもらえませんか?」
と、ご紹介をいただけたりするわけです。

 

そんなわけで、コーチング技術の向上は
どこまでも終わりのない道だったりします。

そんな道を、一人で進むのも悪くはありませんが、
他のコーチと一緒に磨くほうが、楽しみつつ
考え方や技術の幅が広がるので、おすすめです。

 

そういう練習会をやりますので、
技術を磨きたいというコーチの方は、ぜひお越しくださいませ。

>> 詳細はこちらから

-コーチング, ビジネス

© 2023 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社