人材育成 ビジネス 能力開発・自己革新

一流営業マンが、うまくいかない人に言った一言とは

Pocket

私は、今までに多くの先生・先輩方に教わってきました。

業界で有名なスピーカーの方や、著作を何冊も出している先生、
トップ営業マン、引く手あまたのプロ講師などなど・・・

今、コーチングでやってこられているのは、この先生方のおかげです。
[br num="1"]

その中でも、特に厳しかったのが、トップ営業マンのTさんでした。

Tさんはとても基準が高く、私がぬるいことをしていると
「中城くん、それは違うよ」と、すぐに指摘が入ります。
ずいぶん前のことですが、かなり鍛えてもらいました。

そのTさんと話しているとき、あることを言っていたんです。

この言葉は、そこそこうまくいってるけど、突き抜けないで
トップになりきれない社長さんに向けた言葉です。
[br num="1"]

「中城くんさ、Kさんって、いつもこんなにレス遅いの?」
[br num="1"]

この、「レスが遅い」というのが、とても気になりました。

そういえば、Tさんはなにか連絡をするとすぐに返事が来ましたし、
商談中などで電話に出られなくても、手が空き次第コールバックをくれました。
営業マンなら、このへんは当たり前なのかもしれませんが。。。

TさんがKさんに対して連絡をしたのに、
Kさんからの返事が数日経っても来なかったので、
「レスが遅い」と判断したのでしょうね。
[br num="1"]

このときは、「Tさんはスピードが速いなぁ」くらいに思ってましたが、
最近、このTさんの言葉が少しわかるようになりました。

何かの案件で、誰かと連絡を取るときに、相手からの返事が遅いと
「あれ、どうなってるのかな?」と心配になってしまうのです。

もちろん、手が離せないことや即答が難しいこともあるので、
それで相手を批判・非難しようとは思いませんが、
ずっと反応がないと、こちらのテンションは少しずつ下がってしまいます。
[br num="1"]

「今手が離せないので、詳しくは後ほど連絡します」でも、
「すぐには結論が出せないので、〇〇日まで待ってください」でも、
とりあえずの一言があれば、
「ああ、忙しいんだな」と安心できるんです。

逆に言うと、その一言がないと、いろいろな考えが出てきてしまいます。
人間、「状況がわからない」というのはストレスになるんですね。
[br num="1"]

私自身も、やることが立て込んでしまって、
相手をお待たせしてしまうことがあります。
そういうときは、申し訳ないなと思ってしまいます。

せめて、状況を知らせる一言だけでも、レスポンスを返して
相手に安心してもらえるようにしたいものですね。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「とりあえずのお返事」を返そう

Pocket

-人材育成, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社