人材育成 コーチング ビジネス

上手に「考える」方法

Pocket

20150111030301

よく、「よく考えろ」とか「頭を使え」と言われることがあります。

実際、頭を使って考えることで、色々なアイディアが出てきますし、
考えることはとても重要なことです。

ですが、「考えろ」と言われても、どう考えていいかわからない、
という人も多いようで。

クライアントのMさんは、インターネットを使ってビジネスをしています。

ネット系は、色々なノウハウがあふれていて、
「こうすれば儲かる」「このノウハウで稼げる」
という情報が飛び交っています。

Mさんも、その手の情報を大量に渡り歩いてきたのですが、
「そこそこ」の結果までで、満足いくほどの稼ぎになっていません。

そんなMさんと話をしていると、あることに気づきました。

Mさんは、「言われたことを忠実に実行する」ことは得意だけど、
「自分で考えて行動する」ことは、あまり得意ではないのです。

Mさんにそれを告げると、
「ああ、そうなんですよ。私、頭が悪いんですかね」
と、ご自身でも「考える」ことは苦手だと思っている様子。

そんなMさんに、私が言ったのは、
「いえ、違いますよ。頭が悪いんじゃなくて、
 考えるということに慣れていないだけです」
ということでした。
そう、多くの人は、「考える」というやり方を知らないし、
そのための訓練も受けていません。

だから、「考えろ」と言われても、どうすればいいかわからないんです。

そこで、今日はちょっとだけ、「考える」ことのトレーニング法を。
プロコーチの私たちがやっている、思考力アップの方法です。
そのトレーニング法とは、
「質問を作る」
ということです。
私たちの思考は、「質問」によって始まります。
逆に言うと、質問しなければ、考えが始まりません。

ノウハウコレクターや、「教わらないと動けない」人は、
「答え」を与えられることに慣れていて、
「質問する」という発想がないんですね。

「質問しない」から、「考えない」。
だからこそ、「質問する」練習が必要なんです。

題材は何でもいいんですが、日常のトピックに対して
「これはどういうことなんだろう?」とか
「一番重要な点は何だろう?」とか
「なぜ、こういう答えになるんだろう?」とか

いろいろな種類の質問を作ってみることです。

このとき、答えは何でもよくて、「質問を作る」ことが重要です。

たとえば、「iPhoneが売れている」というトピックがあったとして、
「なぜ売れているのか?」
「特に、誰に売れているのか?」
「どの程度売れているのか?」
「iPhoneのように売れるにはどうすればいいのか?」
「今後も売れ続けるだろうか?」
「競合機種と何が違うのか?」
などなど・・・

この「質問」のストックが多いほど、幅広い思考ができます。

『アインシュタインは、
「60分間で、これから出す問題についての解決策を見つけなければ
お前の命は無いと言われたら、どうするか?」と聞かれたとき、
「55分間は、適切な質問をするために使う」と答えたという』
(神田昌典 「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」、P338より)

という引用があるくらい、「質問」は重要です。

「質問を作る」トレーニングを、試してみてくださいね。

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス
-, , ,

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社