人材育成 コーチング ビジネス

人たらしの先輩に教わった、部下の動かし方

Pocket

社員のやる気をもっと引き出したい、とか、
部下が何を考えているのかがわからない、とか、
もっとうまく人を動かせないか、とか、

上司の立場にあると、人に関する悩みは尽きません。
[br num="1"]

私は今はひとり会社なので部下はいませんが、
かつて会社員をしていた頃には、リーダーをしていたので
メンバーをいかにマネジメントするかという課題がありました。

私はとても運が良くて、いいメンバーに恵まれたのですが、
そのチームメンバー(後輩)の生産性を高めるために
やっていたことがあります。

これは、私の面倒を見てくれた先輩のMさんに習ったことなんですが、
ほとんど手間も時間もコストもかかりません。
(Mさんについては、こちらをどうぞ。上司のお手本みたいな人です)
→ https://www.180-0004.com/?p=4020
[br num="1"]

さて、その「やっていたこと」というのは、
【メンバーと、プチ面談をする】ということです。
[br num="1"]

Mさんに言われたのは、
「後輩の様子をいつも見ておくんだぞ。
 困ってたら言えるように、しょっちゅう声をかけておけ。
 作業中でも、一声かけて一緒に茶を飲みに行くんだよ」
ということでした。

それで、5分〜15分くらいで、仕事の様子を聞いたり、
それ以外の他愛のない会話をしたりして、頻繁にコミュニケーションをとる。
その中で、後輩の悩みを聞き出し、相談に乗るんです。
[br num="1"]

私、最初はその「プチ面談」をどうやったらいいかわからなくて、
なかなか後輩に声をかけられなかったんですが、
心理学の基本を学んでからは、うまくできるようになりました。

すると、後輩が気持ちよく仕事するようになり、
自主的に「〇〇のようにやろうと思うんですけど」と言ってきたり、
困ったことを向こうから言ってきてくれるようになりました。

優秀な後輩の能力がどんどん発揮され、生産性も高まり、
お客さんからの評価も上がっていきました。
「もう少し仕事を増やして、増員してもらえるかな?」と言っていただき、
売り上げにも貢献することができました。
[br num="1"]

というわけで、部下を伸ばしたい、部下にどんどん仕事してほしい、
と思ったら、こまめに10分程度の面談をすることです。

普段からちょっとした会話をしていると、
部下の生産性が上がって行く。

部署内で圧倒的な影響力を持っていたMさんから教わった方法は
今の私にも活かされているんですよ。
[br num="1"]

※ちなみに、かつての私のように、「どう面談したらいいかわからない」とか
 「もっと効率的に部下の力を引き出すにはどうすればいいの?」とか 
 そういうところが気になる方は、こちらの本がオススメです。
 
  私の友人で、現場で社員のやる気を引き出し続けてきたコンサルタントが
 その面談のやり方をまとめた本です。
 
 >> 部下を動かす本のキャンペーンについて、詳しくはこちら
 
  4/24,25の2日間はAmazonキャンペーンで、博多もつ鍋などなど、
  いいものが当たりますので、ご興味があればこの機会に買ってみてください。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

部下と、5分のプチ面談をしよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社