人材育成 コーチング ビジネス

会社に楯突く社員にどう対処すべきか

Pocket

先日、ある会社の管理職の方とお話したときのこと。
その会社の問題点なので、詳細は言えないのですが、
どうも、会社の方針に対して反抗する社員がいるそうなのです。

実はこれは、その会社だけの話ではなく、どこの会社でも
反抗的だったり、言うことを聞かなかったり、我が強かったりという
いわゆる「問題社員」というのはいるものではありますが、

その「問題社員」のおかげで職場の雰囲気が悪くなったり、
前向きに取り組む社員のやる気が削がれてしまったり、
頑張っている社員の足を引っ張ったりすると、とても困りますよね。
[br num="1"]

「会社から給料もらってるんだから、嫌ならやめてくれればいいのに」
とおっしゃってましたが、まあ、私も半分くらいそう思います(笑)

ただ、この会社さんはとても待遇が良く、しかも簡単にクビにはならないので、
「文句を言いながら給料だけもらう」という状態になってしまうんでしょうね。
(・・・と言ってました)

さて、こういう「会社に敵対的な態度を取る」「会社に反抗する」社員は
どうマネジメントしたらいいのでしょうか?
[br num="1"]

もちろん、企業はビジネスであって慈善事業ではありませんから、
「辞めてもらう」というのも一つです。
まあ、そうするための方法もなくはないです。

ですが、その敵対的な社員がたくさんいて、辞められると困るとか、
専門技能があるから簡単には切れないとか、
そういう事情がある会社もあるかと思います。
(その会社がそういう感じでした)

そこで、コーチングの視点から、どう対処するかを考えてみたいと思います。
[br num="1"]

さて、会社に社員が敵対的な態度を取る、という場合、
かなりの確率で、会社がやっていることがあります。

それは、「会社が社員に敵対的な態度をとっている」ということです。

会社が敵対的にしているから社員が敵対的になったのか、
社員が反抗するから会社がそれを諌めて敵対的になるのか、
どちらが原因かはわかりませんが、

社員が敵対的になっているとき、会社(上司)も敵対的な態度をとっています。

なぜなら、2人の人がいたとき、どちらかが有効的な態度をとっていると
もう一人は敵対することが難しいからです。
ケンカは、両方が相手を攻撃しなければ成り立ちませんからね。
[br num="1"]

ですから、反抗的な社員の態度を変えるというか、
そういう社員に対処するために、有効なコーチングスキルは、

【相手の言い分を否定せずに最後まで聞く】なのです。
[br num="1"]

「ああ、あなたはそう考えてるんだね。なるほどね」
「そうか、そこが問題だと思うんだね」
というように、社員の不満や愚痴、主張をじっと聞いてあげる。

そうすると、どんどんガスが抜けて、「不満」がなくなっていくのです。

一通り話を聞いたら、やっとスタート地点に立てます。
ここから、「それじゃ、君たちはどうしたいの?」とか
「もっと良くするために、どんな事ができるかな?」とか
前向きな方向に意識が向く質問を投げていく。
[br num="1"]

何はなくとも、反抗的な社員に対して、こちらがまず
攻撃や否定をやめることです。

相手の「構え」を解かないと、建設的な議論はできないのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

賛成しなくていいので、意見を最後まで聞いてみよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社