人材育成 コーチング ビジネス

依存的な部下は、どうして生まれるか?

Pocket

人事の人や管理職の人、中小企業の経営者と話していて
よく聞く悩みが、
「部下に自主性がなく、指示待ちになってしまう」
ということです。

自分ですべきことを考えて、自分から行動してほしいし、
どんどん新しいアイディアを提案してほしいのに、

「どうすればいいですか?」「言われていないのでわかりません」
ばかりで、自分から行動しようとしない。

こういう部下は、どうして生まれてしまうんでしょうか?
[br num="1"]

そもそも、こういう社員。
採用の段階では、そうでなかった人がほとんどです。
(採用のときから指示待ちだったら、採った会社が悪いです 笑)

私も覚えがありますが、新卒で会社に入ったとき、
「あんなことをやってみたい」「こんな仕事ができるようになりたい」と
ワクワクしながら入社したものです。

ワクワクしていないまでも、少なくとも後ろ向きではなく、
多少のやる気があって入ってきているでしょう。
[br num="1"]

入社時に前向きだった社員が、時間が経つと指示待ちになるのはなぜか。

厳しい答えですが、「会社・上司がそう教育したから」です。
[br num="1"]

たとえば、部下が「こんなことをやってみたらどうでしょう?」と言えば、
「そんなことは前例がない」「〇〇が起きたらどうするんだ」
と、できない理由を挙げて却下する。

たとえば「〇〇をやってみたいんですが」と言うと、
「お前にはまだ早い」「失敗するからやめておけ」と挑戦させない。

たとえば部下がチャレンジして失敗すると、
「どうして失敗したんだ!」「もっと考えてやりなさい」と責める。

このようにされていたら、部下はどうなるかというと、
「なるべく失敗しないようにしよう」「失敗の恐れのあることはやめておこう」
「上司がやれと言ったこと以外はやらないでおこう」
「上司の考えや答えと違う意見は言うのをやめよう」
となっていくわけです。
[br num="1"]

もちろん、叱るべきときは叱らなければなりませんし、
失敗してそれを放置していいわけでもありません。

ですが、そういうときに、部下の自主性やチャレンジ精神まで
否定してしまっていないでしょうか?

「君が良かれと思ってやったことはわかっているが、
 〇〇は良くなかったから、次から改善するように」
「君がやりたい気持ちはわかったが、会社の方針としてそれは難しいから
 別の方向性で考えてくれないか?」
というように、気持ちを汲んであげることができているでしょうか?
[br num="1"]

「上司が何も言わなくても、上司の考えを汲み取って、
 上司が思っている以上のアイディアを出してくれる部下」
「上司が指導しなくても、なんの失敗もすることなく
 期待以上の成果を、上司の意向通りに出してくれる部下」

こんな部下がいれば、上司がいる意味がありませんし、
そもそもそんな人材だったら、自分で起業しています(笑)

そうではなく、上司の意図をキチンと伝え、失敗をフォローし、
上司と違う意見を聴き、尊重する。
それが上司の仕事ではないでしょうか。

こうすることで、部下が本来持っている自主性を
引き出し、伸ばすことができるのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

部下の失敗を許し、意見を尊重しよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社