ビジネス 能力開発・自己革新

多くの経営者がやっていない、「簡単な方法」

Pocket

さて、今日は日曜日ですから、少し軽めにいきましょう。
(ネタが尽き気味だという話は内緒です)
[br num="1"]

経営者の方と話していると、それはそれはたくさんの悩みがあります。
大きく分けると、
・売上やマーケティング、営業の悩み
・社員の採用や定着、育成の悩み
・借り入れや入金サイトなど、資金繰りの悩み
がほとんどですが、ときどき個人的な悩みなんかもありますね。

そして、この悩みを、誰にも相談できないのが経営者の辛いところ。
[br num="1"]

経営者は悩みがつきませんが、人は悩みごとがあると生産性が下がります。
なぜかというと、私達の脳が「悩むこと」でいっぱいになるからです。

私達の脳は、パソコンのCPUと似ています。
一度に処理できることには、限りがあります。
たいがいの場合、普通は一度に1つ、マルチタスクが得意な人は2つ程度、
3つ以上のことを同時にするのはとても難しいです。

その、貴重な脳の領域を、悩みごとで使ってしまっているため、
他の重要な経営判断や戦略などに使うことができず、
仕事の生産性が落ちてしまうのです。
[br num="1"]

ですから、悩みは早々に解消してしまうほうがいいです。
・・・というのは当たり前で、誰でもそうしたいところですよね(笑)

そう簡単に解消しないから「悩み」なんですが、解消しないまでも
やっておいたほうがいいことがあります。
[br num="1"]

それは、
「誰かに相談して、言語化してしまう」ということです。
[br num="1"]

悩みごとが一番困るのは、結論が出ないまま頭の中でぐるぐるして、
考えが進まないままどんどん混乱していくこと。

それを食い止めるには、「誰かに話してしまう」ことです。

そこで解決策が得られなくても、話すことで楽になることは多いですし、
誰かに話すときに「言語化」することで、頭が整理され、
脳の領域を食いつぶさずにすむこともあります。

この「相談してしまう」ということを、しない人が多いんです。
[br num="1"]

もちろん、誰にでも相談できるような内容ではなかったり、
相談することに抵抗を感じることがあるのはわかります。

ですが、一人で悩んでいると、解決の糸口が見つかるのは難しく、
いつまでも社長の生産性が落ちたままになってしまいます。

気持ちに余裕のあるうちに、「相談できる相手」を見つけておくと
困ったときにもハマらずに済むんですよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

悩みごとは、さっさと人に話してしまおう

Pocket

-ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社