ビジネス

専門性が高いように見せる、ちょっとした話し方

Pocket

今日は、クライアントのAさんに教えた、
ちょっとしたテクニックをご紹介しましょう。

これは、「あ、この人は専門家っぽいな」と思わせる
セミナーやプレゼンでの話し方のテクニックです。
[br num="1"]

Aさんは、医療関係の専門家で、近いうちにセミナーをやるということで
そのセミナーの構成を一緒に作っていたんです。

どうすればうまく伝わるか、どうすれば興味を持ってもらえるか、
という話を何回かに分けてやってきたんですが、
その中で一貫してお伝えしたのが、

「中学生でもわかる言葉で話す」
ということです。
[br num="1"]

よく、自分の専門性をアピールしようと、専門用語をたくさん使って
プレゼンをする人がいますが、これは思いっきり逆効果です。

聞いている人は、自分に関連のない専門用語が出てくると、
「こいつは不親切だ。話し方がわかりにくい」
という評価をして、話への興味を失ってしまいます。

なので、誰でも知っていて、わかり易い言葉にかみ砕いて話す、
というのがプレゼンの鉄則なのです。
[br num="1"]

難しそうな話をかみ砕いて、わかりやすく話してくれる話し手には
聞き手も心を開いて、聞く耳を持ってくれるんですが、
そんな中でプラスして一つ、さらに専門家っぽくする方法があります。

それは、
【専門用語を使って話し、直後にかみ砕いて言い換える】
というものです。
[br num="1"]

たとえば、
「そういう場合は、ペーシングを使うんです。
 あ、すみません、ペーシングっていうのは、話のテンションを合わせて
 信頼関係を作る心理学のテクニックなんですけどね・・・」
という感じでしょうか。

相手に馴染みのなさそうな、専門用語をひとつだけ、わざと使い、
「あ、つい専門用語を使っちゃいました。簡単に言うとこういう意味です」
というふうに、すぐに解説を入れるんです。
[br num="1"]

こうすると、
「私にとっては、専門用語は日常的に使っているものなんですよ」
「それが専門用語で、皆さんに馴染みがないことはわかっていますよ」
「馴染みがない言葉は、わかるように説明できますよ」
ということを、暗にほのめかすことができるんですね。
[br num="1"]

まあ、こんなことをしなくても、「中学生にわかるレベルで」話すだけで
十分聞き手の信頼感を得ることはできるんですが、
一段レベルアップするための、小ネタということで。

人に説明する機会のある方は、ちょっと試してみてくださいね。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

難しい言葉を使って、それを即座にかみ砕いて説明しよう

Pocket

-ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社