人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

新しいものを習得する、一番早い方法

Pocket

世の中がすごいスピードで動いていますので、
私たち自身も、その変化についていく必要がありますね。

もちろん、部下や社員にもその適応力を持ってほしいですが、
だいたいの場合、若い人のほうが柔軟性が高いので
新しいことにすぐに馴染むことができます。

ですから、上司や社長のように、今までの成功体験の多い人こそ
その体験の枠を飛び出していくのが重要になってきます。
[br num="1"]

とはいえ、新しいことを習得するのは簡単ではありません。
職位が上がるほど、日頃忙しくもなりますから、
若い人のように勉強する時間も取りにくくなります。

では、どうやって新しいことを覚えればいいのでしょうか?
[br num="1"]

答えは簡単。
【とにかく始めてしまって、やりながら覚える】です。
[br num="1"]

今までやったことのないものを、本やマニュアルを読んだからといって
すぐには理解できません。

だったら、最低限の簡単なやり方だけをさっと覚えて、
本を見ながら一番簡単な部分だけを、実際にやってみることです。

ちょっとくらい失敗しても、そもそも初心者がやる失敗ですから、
たいした損失にはなりません。失敗しながら覚えるんです。
[br num="1"]

実は私、今回の東京出張の間で、「メルカリ」を試してみました。
(メルカリは、ネット上で売買のできるフリマアプリです)

今まで、メルカリというアプリを使ったこともありませんでしたから、
とりあえず5000円くらいのものを出品してみる。

初めてですから、他の人のように上手にはできていません。
素人感丸出しの写真と文章です。

高く売るためのノウハウも知らないので、
慣れている人から見ると、「下手だなぁ」と言われるかもしれません。

だけど、「手順を体で覚える」のが目的なので、それでいいのです。

おかげで、一通りの流れはだいたい体得できました。
(ちなみに、3日で売れて、ちょっとだけ利益が出ましたよ♪)
[br num="1"]

いきなり100のことをやろうと思っても、できません。
わけがわからず、手が止まって、いつまでも0のままです。

それより、1のことをとりあえずやる。
1を覚えたら、次は2のことができるようになります。
このスピードをどんどん早くするほうが、習得は速いです。

これは、部下の指導でも同じこと。
小さいことを、とにかくやらせてしまうことです。

失敗させて、そのフォローをしっかりして、またやってみる。
これが、部下を伸ばす最速の道なのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

簡単なことを、とりあえずやってみよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社