人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

高いモチベーションの組織を作るには

Pocket

「社員にやる気を出してほしい」
「もっと前向きに仕事に取り組んでほしい」

このように思っている社長さんは多いと思います。
実際、よくこのようなご相談を受けることがあります。

では、どうすればやる気のある組織を作れるのでしょうか?
[br num="1"]

以前、あるレストラン経営者のCD教材を聞いていたとき、
印象的なことを話していたのを覚えています。

「社長の熱量を100とするでしょう?
 すると、幹部には80で伝わるんです。
 それがマネージャーには60で伝わって、
 現場の社員には40の熱量になってしまうんです」

組織の構造や文化にもよりますが、どこの会社もだいたいこんな感じでしょう。
[br num="1"]

これはつまり、社員にやる気を持ってほしければ、
社長(上司)がそれより遥かに高いレベルで
情熱を持って取り組んでいなければいけないということです。

自分自身が、より高い目標を持ち、創業の理念を実感しつつ
日々情熱的に経営に取り組む。
その仕事のプロセスを、誰よりも前向きに楽しんでいる。

この姿を見て、社長が発する雰囲気と言葉を感じ取って、
社員は影響を受けるんです。
[br num="1"]

アンソニー・ロビンズのトレーニングで、
リーダーシップについての話があるのですが、

「自分が自分に及ぼすことができる影響力以上には
 他人に影響をあたえることはできない」

と言われています。

「まあ、それなりに数字があがっていればいいかな」
「例年並みに業績を上げてくれたらいいや」
「とりあえず生き残れれば御の字ですよ」

社長がこの熱量だったら、社員はその半分くらいになります。
前向きに取り組むなんて、できようはずもありません。
[br num="1"]

まずは自分の情熱やモチベーション(仕事への動機づけ)があって、
それを伝えていくこと以外に、チームを変えることはできません。

社長自身が「なぜこの会社をやっていくのか」を
より深掘りして、モチベーションを作っていく必要があるのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

社員の情熱の「熱源」になろう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社