ビジネス

1000円カットと5000円カットの床屋さんの違い

Pocket

昨日、初めて低価格ヘアサロンに行ってきました。
いわゆる、1000円で髪を切ってくれる床屋さんです。
(私が行ったとこは1500円でしたが)

私はずっと、カットで4000〜5000円くらいするような
昔からある床屋さんで切ってもらっていたんですが、
富山でいいところがわからなかったので、とりあえずここでいいやと
大手の低価格ヘアサロンに行ったんですね。

そこで、「ああ、なるほど、だから低価格なのか」と
明確な違いを体験したんです。
[br num="1"]

ちなみに私、3年くらい理美容室の経営者向けにセミナーをやっていて
けっこう床屋さんや美容室の方とは馴染みがあります。
なので、彼らの考え方や取り組みについてもそれなりに知っています。

そのセミナーの参加者さんの床屋さんで切っていたんですけどね。
[br num="1"]

さて、1000円カットと5000円カットの違い。
それは、理美容経営者のみなさんがよく言う
「カットの品質」の違いではありませんでした。

もしかすると、プロの目で見れば違うのかもしれません。
(ていうか、多分違います。ちょっとだけ分かりました)

ですが、素人目に「ここがおかしい」と思うような違いではなく、
プロの目で見ないとわからないような違いです。
現に、ウチの妻は「なかなかいいじゃん」と言ってましたし。

少なくとも、「髪を切る」「顔を剃る」という仕事の品質については
5倍の差があるという感じではありませんでした。
[br num="1"]

では、何が違ったのかというと、
【丁寧さの基準】です。
[br num="1"]

1000円サロンは、全体的に仕事が「雑」な印象を受けました。
バリカンを当てる、カミソリを当てる、顔についた毛を払う…
一つひとつの動作が、なんだか雑なんです。

なので、「丁寧にやってもらってる」「大切にされている」という
いつもの床屋さんで味わっていた感覚が一切ありませんでした。

逆に、いつも切ってもらっている床屋さんでは、バリカンを当てるにも
痛くないようにそっと当てますし、動かし方もゆっくりです。
羊の毛を刈るような大雑把な動きではありません。
顔剃りも、何度も剃り跡を確認し、剃り残しがないようにしてくれます。

この「仕事の基準」が、顧客視点で感じられる一番の差でした。
[br num="1"]

で。
ここで重要なのは、
「低価格だと仕事が雑」とか「高価格だと丁寧」とか
そういうことではなく、

「そういう違いを、明確にお客さんに伝えているか」
ということなんです。
[br num="1"]

「1000円カットは仕上がりが良くない」という理美容師がいますが、
顧客視点ではその違いはよくわからない。

けど、「1000円カットは仕事や扱いが雑」という違いだったら
顧客視点で一度体験すればよくわかります。

この「顧客視点での差別化」ができているか。
そして、その差を明確に伝えているか。
これが、ビジネスの上では重要なのです。
[br num="1"]

価格の差が「カットの仕上がり」だと思うと、
素人目にはあまり違いがわかりませんから、
「だったら安い方でいいや」となります。

ですが、価格の差が「ホスピタリティ」だと思うと、
明らかに違いがわかります。
そして、高いホスピタリティを求める人は、
値段が高くても高いホスピタリティの店に行くわけです。
[br num="1"]

コンビニのコーヒーもホテルのコーヒーも、素人の味覚では
たいして違いがわかりません。

では、なぜ10倍の価格でホテルのコーヒーを飲むのかというと、
空間や接客など、コーヒー以外の付加価値があるからです。
そこに価値を感じる人が、ホテルのコーヒーを飲むわけです。
[br num="1"]

それと同じように、あなたの商品の単価を上げようと思ったら、
【お客さんの視点での違いの明確化】が必要です。

プロの視点と素人の視点では、違いを感じるポイントが違います。
お客さんがどこに「違い」を感じるか、どこに違いを感じてもらうか、
そのあたりに意識を向けて、見せ方を変えてみると、
単価を高くしても納得して、喜んで買ってもらえるんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「商品の品質」以外の付加価値を考えてみよう

Pocket

-ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社