ブログ コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

奥さんの理解が得られないときの対処法

Pocket

よく、社長さんの相談を受けると、
「実は、ウチのかみさんがね・・・」
「ウチの嫁が、こんなことを言うんですよ…」
というように、奥さんの話が出ることがあります。

で、このニュアンスで出てくる奥さんの話は、たいていネガティブです(笑)
[br num="1"]

何か新しいことに取り組もうとしたり、大きな決断をしたりするとき、
よく「障害」になりがちなのが、この夫婦関係。

日本では男性の社長さんが多いので「奥さん」になりますが、
男女が逆転しても同じです。
つまり、配偶者が理解してくれず、反対するとか文句を言うとか、
そういう悩みって、けっこうあったりします。
(今日は男性経営者と奥さんの話で進めますが、性別が逆でも同じです)
[br num="1"]

で、多くの人は「お前は女だからわからない」とか
「お前は経営者じゃないからわからない」とか言って、
強引にことを進めてしまうんですよね。

もちろん、実際経営者じゃないとわからないことはありますし、
男性社会ならではの文化や考え方もあります。
そこは、奥様にはわからないかもしれません。
[br num="1"]

ですが、ここで強引に奥様を無視して話をすすめると、
だいたいどこかでブレーキがかかります。

うまくいきかけた案件がトラブルになったり、
なぜだか急にやる気がなくなったりします。

これは、「男性・女性エネルギー」が影響しています。
[br num="1"]

以前も少しお伝えしましたが、ほとんどの男性が男性エネルギー、
ほとんどの女性が女性エネルギーを中心に持っています。
自分の中心のエネルギーを使ったほうが、はるかに高い能力を発揮できます。

で、男性エネルギーというのは、対極にある女性がいることで
正常に発揮することができるようになるんです。

逆に言うと、女性の存在なくして、男性エネルギーを
発揮することは大変難しいです。
だから、「経営者は夫婦関係が大切」と言われるんですね。
[br num="1"]

だけど、その女性エネルギーの源である奥さんが
理解を示してくれないのでは、エネルギーの発揮の仕様がありません。
そこが、多くの社長さんが口に出せない悩みだったりします。
[br num="1"]

で、どうすれば奥さんが理解してくれて、応援してくれるのか。

これ、あまりに単純すぎて怒られてしまいそうですが、
重要な事なので、お伝えします。

その答えは、
【あなたが奥さんを理解し、応援すること】です。
[br num="1"]

クライアントのOさんも、同じような悩みを持っていました。
「ウチの妻が、私に感謝してくれないんです。
 私が稼いでいるから、家族は暮らしていけるのに…」

Oさんは、奥さんにもっと感謝してほしい、と思っていたんですね。
そこで、私はこう質問しました。

「Oさんは、奥さんにどんなふうに感謝してますか?」

この質問をしたら、Oさんは一瞬フリーズしましたね(笑)
「感謝してほしい」と思っているとき、自分はどうだろうかと考えると
意外と感謝してなかったりするもので(笑)
[br num="1"]

このセッションは、「感謝」を深く掘り下げたら
とてもディープで貴重な答えに至ったんですが、
それはクライアントさんの秘密なので、ここでは内緒です。

ただ、重要なのは「妻が感謝してくれない」と不満なとき、
だいたいの人が「妻に感謝していない」ということです。
(そもそも感謝していたら不満なんて持ちません 笑)

夫婦関係で相手に不満を持ったとき、見直しておきたいのは、
「相手も自分に同じ不満を持っているかもしれない」
ということです。

自分を省みると、そこに原因が見つかることが多いんですよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

妻(夫)に、感謝しよう

Pocket

-ブログ, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社