ブログ 能力開発×コーチング コーチング ビジネス

長期的に企業体質を変えるには

私がコンサルティングをするとき、常に考えることがありまして。
それは、「自分がいなくなっても、いい状態が続くか」ということです。

よく、コンサルタントが腕をふるって、業績が改善したけど、
契約が終わってコンサルがいなくなったら、元通りになってしまった、
なんて話を聞きます。

これって、たしかにコンサルタントの力がすごいんですけど、
ある意味でその会社がコンサルに「依存して」しまっている状態ですから、
あまり望ましくないよな、と思うのです。
 

なので、私は相談されてもあまり答えを教えることはありません。
答えを出すプロセスを一緒に経験することで、答えの出し方を経験し、
それを繰り返して、自分のものにしていただくようにしています。

「腹が減った人に、魚を与えるだけでは、その人はいずれまた飢えてしまう。
 魚の釣り方を教えて、自分で魚を取れるようにするのが重要だ」
という話もあります。

重要なのは、コンサルに答えを教わることではなく、
答えを出すプロセスをコンサルから学び取ること、ということです。
 

さて、私が気をつけていることにもう一つ、重要な事があります。

実は、「答えの出し方」を教える人は数多くいるのですが、
さらにここまで踏み込む人は、コンサルタントにはあまりいないようです。

その「踏み込む」領域とは、
【感情】の領域です。
 

人間、どうすべきかというのは、だいたいわかっていることが多いです。
だけど、「わかっちゃいるけど、やめられない」という歌があるように
「わかっている」ことと「実際にできる」ことは別のこと。

たとえば、お酒は体に悪いと知っていながら、飲みすぎてしまう。
早く起きるほうが時間を有意義に使えるのに、寝坊してしまう。

この「わかっていることができない」最大の原因が、【感情】なのです。
 

私が長期で関わるクライアントさんには、戦略の構築に加えて
「感情の変化」を経験してもらいます。

営業で断られることへの恐怖をなくしたり、
社員に対する視点を変えて建設的な思考ができるようにしたり、
自信を呼び起こして、人に対する接し方を変化させたり・・・

感情が変わると、その後の行動も明確に変わります。
しかも、感情は一度変わると元に戻らないので、
私がいなくなってからも変化がずっと続きます。

なので、契約が終わってから1年後にお会いしても、
「今でもやる気が止まらないんですよ!」
という声をいただけるし、その方はずっと業績を伸ばしているんですね。
 

特に中小企業の場合、企業の変化は、トップの変化から始まります。
長期的な企業体質の変化を起こそうと思ったら、
まずは社長が「感情」を変化させることです。

意外なほど、社長さんは自信がなかったりします。
けど、経営者がそんなことは言っていられないので、
奮い立たせて頑張って経営している、という方が多いです。
 

自信とやる気を最大に発揮し、それを社員やお客様に伝えて
強力なリーダーシップを発揮する。

これが、会社を長期的に変化させていく最初の一歩となります。

具体的にどうするか、というのは、またおいおい、
メルマガでお伝えしていこうかと思います。
 

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント  

まずは社長が、自信を高めていこう

-ブログ, 能力開発×コーチング, コーチング, ビジネス

© 2022 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社