ブログ 人材育成 コーチング

青山テルマさんは何を間違えてしまったのか

Pocket

昨日の夜は時間があったので、「踊る!さんま御殿」を見ていました。
さんま御殿は、あるテーマについてゲストが自分の体験談を話すんですよね。
ゲストに、青山テルマさんが出ていました。

青山さん、サバサバしているというか、そういう感じの人なので、
彼氏が落ち込んでいると、元気を出してもらおうと励ますんだそうです。

で、その励まし方があまりにアレで(笑)、
出演者から総ツッコミを受けていたんです。
[br num="1"]

その励まし方というのが、落ち込んで元気のない彼氏に対して
「君が落ちてるときは私が支えるし、イエイ イエイ イエイって感じで」
という励まし方をするんだそうで。

さんまさんにも「俺、そんなん嫌やわ」と言われていました。
ええ、私も嫌です(笑)

「イエイ イエイ イエイ」はちょっとやりすぎですが、
これはコーチングの視点から見ても、やってしまいがちなミスなんです。
[br num="1"]

落ち込んでいる人にとっては、テンションが高くて前向きで元気な人は
「アンタには俺の気持ちなんてわからんわ」
と思われやすいのです。

なので、落ち込んでいる社員を元気づけようとして
「まあ、気にすんなよ、元気出せって!」
と、テンション高く励ましても、あまり効果がありません。

「そりゃ、アンタはいいだろうけどさ」「人の気も知らないで」と
心が閉じてしまうこともありえます。
[br num="1"]

かといって、落ち込んだ人を放っておくわけにも行きませんし、
できることなら元気になってほしいですよね。

そこで役に立つスキルが【ペーシング】というものです。

これは、「相手とペースを合わせる」という技術です。
具体的にいうと、元気さやテンションを合わせる。

たとえば、落ち込んでテンションの下がった社員には、
「そうか、大変なんだね」と、落ち着いたテンションで話す。
こうすると、相手は「寄り添ってくれている」と思うことができ、
心を開きやすくなります。

逆に、怒ってテンションが高くなってしまったお客さまのクレームには、
冷静に「申し訳ございません」と対応すると、怒りが収まらない事があります。

なので、「申し訳ありませんっ!」と、高めのテンションで対応する。
もちろん、ハイテンションでお客さまと喧嘩しないように(笑)
[br num="1"]

相手とテンションを合わせることで、心理的なつながりを作り
心をひらいてもらい、こちらの影響力を受け取ってもらいやすくするんです。

それで、落ち込んだ人だったら、少しずつこちらのテンションを上げていく。
そうすると、それにつられて相手も少しずつ元気になっていきます。
これを「リーディング」と言います。

いきなりかけ離れたテンションで接するのではなく、一度相手に合わせて、
そこから少しずつテンションを上げたり下げたりすることで、
効果的に影響力を与えることができるんです。

自分のテンションを、相手に合わせて上げたり下げたりできる柔軟性を
身につけていくと、多様性が出てきます。
色々なタイプの社員のやる気を引き出せるので、試してみてくださいね。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

「イエイ イエイ イエイ」で励ますのはやめよう(笑)

Pocket

-ブログ, 人材育成, コーチング

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社