ブログ 能力開発・自己革新

食べ放題で頭を柔らかくするトレーニング法

Pocket

昨日は久しぶりに、妻と二人で食事に行ってきました。
子供が生まれてから、なかなかこういう時間を持てなかったので
仕事はストップして遊んできたんです。

で、昨日はホテルのランチビュッフェを楽しんできたんですが、
そこで妻のビュッフェの食べ方を見て、
「ああ、これは頭を柔らかくする訓練になるな」と思ったのです。

ええ、これも職業病です(笑)
[br num="1"]

さて、ビュッフェ、つまりバイキングスタイルのレストランに行ったら
どのように食事をするでしょうか?

人によっていろいろな楽しみ方がありますが、
妻の楽しみ方は

「出ている全部の料理を、ちょっとずつ取ってきて食べてみる」
というものです。

で、この食べ方、思考の枠組みを広げるのにとても役立ちます。
[br num="1"]

その理由を聞いてみると、
「見ただけじゃ、どれがおいしいかわからないじゃん。
 食べてみたら意外に美味しかった、みたいなのもあるから、
 普段食べないようなものでも一口食べてみるんだよ」
というのです。
[br num="1"]

私達の多くは、自由に選択できる状況になると、
「普段と同じパターン」を選びがちです。

ビュッフェだったら、やはり好きなもの、おいしいと思うものを取ってきて
好きなものでお腹を満たしたいですよね。

私は以前は、コース料理のような順番で食べていました。
マリネなどの前菜っぽいものから始まって、徐々にメインの肉料理、
というような順番ですね。
で、その中で、自分が好きだと思うものを取ってくるわけです。
[br num="1"]

それはそれでいいのですが、そのパターンでは、
いつもと同じ経験しかできず、今までの自分の枠を超えません。

普段と違う選択、つまり、「普段だったら食べないもの」も
ちょっとだけ味見してみることで、
「今までの自分だったら経験できなかった美味しさ」を
発見することができるかもしれないのです。

なので最近は、妻に倣って一通りの料理を食べてみるようにしています。
[br num="1"]

自分の基準にない選択をする、というのは、意識しないとできません。
ランチビュッフェくらいの、あまり重要でない場面で
そういう練習をしておくことです。

すると、「自分の先入観の外側」を経験できるので、
思考に柔軟性を持つことができるようになるんですよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント  

普段だったら食べないようなものを試してみよう

Pocket

-ブログ, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社