ビジネス その他

話を聞いてもらえる人、もらえない人

Pocket

私は講師のお仕事をいただくことが多いので、
初めてお会いする人に、どうやったら話を聞いてもらえるか、
ということについて、よく考えます。

まあ、セミナー業界に足を踏み入れて12年、
はじめてのセミナーを自分で主催してからは15年になりますから、
最近ではだいぶ、話せるようになってきたかと思います。
[br num="1"]

で、これくらいのキャリアになると、
後輩講師の指導をすることもあるんですが、
慣れていない人がよくやってしまう、大きなミスがあるんです。

これは、売れない営業職や、指導力のない管理職、
子どもが言うことを聞かない親にも当てはまることがあります。

ここを直すだけで、かなり相手への影響力が高まります。
[br num="1"]

その「ミス」とは、
「相手が理解できない言葉で話す」ということです。
[br num="1"]

よく、プレゼンの研修などで
「専門用語を使ってはいけません」などと習いますね。

たとえば、「ラポール」や「レバレッジ」はコーチングの用語ですが、
コーチングに馴染みのない人にとっては「専門用語」ですから、
コーチングを知らない人に伝えるときには、これらの言葉は使いません。

専門用語を使うと、専門家っぽく見えるという利点はありますが、
相手にとっては「訳のわからん話」になるので、
次第に興味を失っていくわけですね。

だから、専門用語を使わずに話すだけで、
「話がわかりやすい」となるわけです。
[br num="1"]

・・・という話は、皆さんよくご存知だと思いますが、
では、たとえば「能動的」という言葉はどうでしょう?

「能動的」という言葉は、専門用語ではなく、一般用語です。
「自分から他へ働きかける」とかいう意味だそうです。

では、一般用語である「能動的」を、会話の中で使うとどうなるか。
[br num="1"]

普段からこの言葉を使っている人は、すんなり理解できますが、
多くの人にとって、「能動的」という言葉は
あまり日常的に使わない言葉ではないかと思います。

すると、耳から入る音で「のうどうてき」と言われても、
それを脳が漢字に変換し、意味を捉えるまでにタイムラグができます。
少しだけですが、脳に負荷がかかります。

1回だけなら些細な負担ですが、話の中でこの負荷が繰り返されると、
聞き手は無意識に、疲れてきます。
話を聞いて理解するのが、ちょっと大変だな、と思うようになります。

聞いて即座に理解できない話になるので、聴くのが嫌になってきます。
[br num="1"]

専門用語に限らず、
【聞き手にとって普段使わない、馴染みのない言葉】で話すと、
相手がどんどん興味を失ってしまうんです。

ですから、相手に聞いてほしい、伝えたい、と思ったら、
【聞き手が普段使っている言葉】【聞き手にとって馴染みのある言葉】
を使って伝えることが重要になってくるんです。
[br num="1"]

私は、セミナーで話すときも、メルマガを書くときも、
なるべく皆さんが普段使っているであろう言葉を使うように
意識して言葉を選んでいます。

話す相手によって、少しずつ使う言葉を変えるようにしていますし、
子どもと話すときは、できるだけ簡単な言葉を選ぶようにしています。

どうせ相手に話すなら、なるべくたくさん受け取ってほしいですからね。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

【聞き手にとって】わかりやすい言葉を選んで伝えよう

Pocket

-ビジネス, その他

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社