人材育成 コーチング

コーチングのスキルを上達させる方法

Pocket

コーチングを始めて、およそ10年。

さすがにコーチの中でもキャリアの長い方になってきまして、
初心者の方から「どうしたらうまくなれますか」
という質問をいただくことも多いです。

また、昨日は研修会社の方から、
「コーチング研修をやったけど、受講者が現場で使えていないんです」
というご相談を受けました。

コーチングというのは、それまでのコミュニケーションとは
方向性が違うので、習っても使いこなすのが少し難しいんですよね。
[br num="1"]

では、どうやって使いこなせばいいのか。
私がこの10年でやっていたことと言えば、
[br num="1"]

【大量にコーチングをやる】
[br num="1"]

ということです。これに尽きます。

下手でもいいし、失敗してもいいので、とにかく数をこなす。
今までやっていなかった技術なんですから、
練習しないでうまくなるわけがありません。

野球にしてもゴルフにしてもカラオケにしても、
やはりたくさんやっている人が上手です。

コーチングだって同じですから、
上手になりたいと思ったら、とにかくたくさんやることです。
[br num="1"]

・・・というと、身も蓋もないですから(笑)、
「たくさんやる」ためのヒントだけ、お伝えしておきます。

1.小さいことを、たくさんやる
 60分のフルセッションを練習するとなると、手間も時間もかかります。
 5分や10分のミニセッションで数をこなすほうが、
 心理的な抵抗が小さくて済むので、結果として長時間練習できます。

2.1つずつ練習する
 コーチングを学ぶと、いろいろな技法を学びますが、
 慣れないうちに一度にいくつもの技法を使うと、全部が中途半端になります。
 「オウム返しだけ」「目標設定だけ」のように、1つずつ練習しましょう。

3.日常の中で練習する
 たとえば「傾聴」などは、コーチング中でなくても使えます。
 わざわざセッションの形にしなくても、普段の会話の中で
 ちょっとしたことなら練習できます。
[br num="1"]

このように、練習はいくらでもやることができます。
そして、練習すればするほど、スキルは自分のものになっていきます。

「知っているだけ」から「実際に使える」レベルに成長し、
仕事のやり方やコーチングセッションの質が、格段に上がります。
[br num="1"]

そうは言っても、楽しみながらやるのが一番。
あまり気負わず、仲間と楽しく練習すれば、上達も早いですよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

コーチングを使って、たくさん遊ぼう

Pocket

-人材育成, コーチング

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社