コーチング 能力開発・自己革新

優秀な人が抱える、漠然とした不安

Pocket

先日、新しくクライアントになってくれたYさんと
最初のセッションをしてきました。

Yさんは1を言うと10わかるようなとても優秀な人です。
さて、どんな相談になるのかと思って話を聞くと、
「あー、そうだよね」と思うような内容だったんですね。

守秘義務があるので、詳細は書けませんが、
差し支えない範囲でYさんの事例をお話します。
(ブログで事例を使わせていただくという契約になっています)
[br num="1"]

さて、とても優秀なYさん。
キャリアもかなりのもので、一流企業を渡り歩いてきています。

そんなYさんの、初回コーチングのテーマが、
「なんか、もやもやと不安なんです」
「この不安を解消した上で、新しいビジネスを始めたいんです」
という話だったんですね。
[br num="1"]

最近私は、「モヤモヤすっきり系」のコーチングはあまりしませんが、
実はビジネスを進める上で、「モヤモヤをすっきりさせておく」ことは
とても重要です。

というのも、私達の行動力は、感情の状態によって大きく変わりますから、
「不安」があると、行動する力が鈍ってしまうんです。

もともと能力のあるYさんですから、感情の状態が変われば
自動操縦でうまくいくだろうということで、初回は不安の解消です。
[br num="1"]

中身の詳細は割愛しますが、Yさんの抱える不安の根っこは、
「優秀さが、自分の拠り所になっていた」ということでした。

これは、能力の高い人に多いのですが、子供の頃から勉強ができたり
器用にいろいろなことがこなせたりする人は、
「自分は優秀な人だ」という自己イメージを持ちます。

そして、「自分は優秀だから価値があるんだ」「優秀だから認められるんだ」
というように、優秀であることによって自分を守るようになるんです。

こうなると、「できない自分」がとても怖くなります。
今まで自分を守ってくれていた「優秀さ」がなくなるからです。
[br num="1"]

すると、失敗を認めることができなくなるし、言い訳をするようになるし、
自分の能力を超えたことに挑戦しなくなるし、
自分より優秀な人がいると、強いストレスになります。

しかも、周りの多くの人からは「すごいね」と言われ、
この「自分が失敗するのではないか」「優秀さを失うのではないか」
という不安や恐怖は、なかなかわかってもらえません。

これは、優秀な人に特有の、ちょっと特殊な悩みなのです。
[br num="1"]

Yさんは、すでに心理学なども学んでいたので、
その事に気づいたとたん、「あ、そうか。自分、しがみついてたんだ」と
あっさり自分のしていたことを受け入れました。

「じゃ、手放せばいいんですね。うわ~、楽になった〜」
と、勝手に「優秀さへの執着」を手放し、不安を解消してしまいました。
(私の手助け、ぜんぜん要らんかった 笑)

普段は、ここに気づいてからが勝負なんですけどね。
[br num="1"]

というわけで、優秀でスキルも高く、実績もあるのに
漠然と不安な人がいたら、
「優秀さを手放し、できない自分を受け入れる」と楽になります。

ぜひ、試してみてくださいね(どうやって
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

自分は優秀でなくても受け入れられることに気づこう

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社