人材育成 コーチング 能力開発・自己革新

iPhoneを使って、一瞬でやる気を最大にする方法

Pocket

私がコーチという仕事をしている関係もあって、
よく相談を受けるのが「やる気」について。

「部下のやる気を出させたい」とか
「自分のやる気が落ちたときにどうすればいいか」とか
やはり「やる気」が問題になっている人が多いようです。
[br num="1"]

かくいう私も、やる気がでないときはあります。
プロコーチと言っても、常に絶好調なわけではありません。

では、そういうときはどうやってやる気をだしているのか。
[br num="1"]

まず第一に、私の場合は
「やる気がないときは、やる気がないなりの仕事をする」
ようにしています。

強い気合やポジティブな感情がなければできないような
クリエイティブな企画づくりやセミナーの内容構築などは
やる気のないときにはあまり手を付けず、

そこそこの気分でできるような書類整理やスケジュール調整などに
やる気が落ちているときの時間を使います。

無理やりやる気を出すのは、リポDで元気になるようなもので、
長続きしないし、反動がくるからです。
[br num="1"]

とはいえ、「ここ一番」でやる気を出さないといけない場面もありますから、
リポD的なやる気の出し方もいくつか用意してあります。

その一つが、
「やる気が出る曲を聴く」
というものです。

私のiPhoneには、そういう曲が何曲かストックしてあります。
[br num="1"]

この「やる気が出る曲」は人によって違うので、
「これをiPhoneに入れておいてください」と紹介することはできませんが、

だいたい「自分が調子いいときに聞いている曲」だったり
「聞いているだけでテンションが上がるくらい好きな曲」だったりします。

私の場合は、アンソニー・ロビンズのセミナーでかかっていた曲を聴くと
瞬時に気合が入り、テンションが上がります。
[br num="1"]

スポーツ選手でも、試合の前に自分のテーマソングを聴く人がいますね。
音楽は感情にダイレクトに作用するので、気持ちを前向きにするのに
とても有効なんですよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

テンションが上がる曲を持ち歩こう

Pocket

-人材育成, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社