日記・雑記 コーチング ビジネス

やるべきことを確実にやれるようにする方法

業績を伸ばす人は、「やるべきこと」を確実にやっています。

ただ、多くの人が結果をなかなか出せないのは、
やるべきことをやっていないから、と言われます。

どれだけ勉強しても、どれだけいい話を聞いても、
やるべきことをやらなければ、結果は出ません。
 

だけど、私たちは、ほぼ例外なく皆さんが忙しいです。
政府が「働き方改革」なんていってますが、
残業を減らしたら立ち行かないくらい、忙しい人ばかり。

そんな中で、なかなかやるべきことをやりきれないのが現実です。
 

では、どうすれば「やるべきこと」をやれるのか。

答えは簡単で、
「忘れる前に、手をつける」です。
 

人間は「忘れる生き物」です。
ある実験では、1時間もすると
覚えたことの半分を忘れるなんて言われています。

覚えた端から忘れていくのが人間です。

しかも、毎日忙しくて、後から後からやるべきことが振ってきますから、
さっき「やらなきゃ」と思ったことは、新しい「やらなきゃ」に
押し出されてしまうんです。
 

そこで、おすすめなのが、「忘れる前に手をつける」。
重要なことは、とりあえず最初の一手を、その場でやることです。

たとえば、セミナー中に講師が「この本に詳しく説明してあります」と
本を紹介してくれたら、とりあえずAmazonで検索して、
その画面をスマホに出しておく。

たとえば、メルマガで役に立つCD講座が紹介されていたら、
とりあえず申し込みページに記入して、
あとはボタンを押せばいいようにしておく。
(半分冗談ですが、半分本気です 笑)
(ちなみに、こちらから申し込みできます)

ほんのちょっとでいいので、始めてしまって、
「勢い」をつけておくことです。
 

そして、その重要なことを思い出せるようにしておきます。

私は、iPhoneの「リマインダ」アプリを使っています。
ここに、覚えておきたいことはメモしておきます。
日時を設定しておけば、通知が出て思い出させてくれます。

この「リマインダ」にメモして設定する、ということだけでも
やっておけば、あとで思い出せますから、
重要なことは忘れないんです。
(厳密には、「忘れても思い出せる」ですけど)
 

ただ、これは一つ気をつけなきゃいけないことがありまして、
何でもかんでも全部に手を付けたり、全部をメモしていると
大量の「やるべきこと」に埋もれてしまいます。

なので、「本当に重要なこと」だけに絞ることです。
「何が重要なのか」を見極める力を養うことが、
この忙しい現代を生きる重要なポイントになるんです。

・・・その「重要なこと」を見極めるポイントについては、
またの機会にお伝えしますね。
 

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

重要なことは、その場ですぐに手を付けよう

-日記・雑記, コーチング, ビジネス

© 2022 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社