人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

仕事のモチベーションが上がらないとき、どうするか

Pocket

仕事をしていると、やる気がでないときもあります。
人間ですから、そういうこともあっておかしくないわけです。

ですが、「やる気が出ない」と言って仕事をしないわけにもいきませんし、
なにより仕事が楽しくなければ、働く意味もありません。

特に経営者の場合、社長にやる気が無いと、それが社員に伝染しますから、
会社全体のパフォーマンスを落としてしまいます。
そうなる前に、手を打ったほうがいい。

今回は、仕事をしていてやる気が出ないときの対処法をご紹介します。
[br num="2"]

1.体の状態を変える

世界No.1コーチ、アンソニー・ロビンズによると、私たちの感情は
私たちの体の状態と密接な関係があると言われています。

アンソニーの言葉を借りるまでもなく、疲れている日はやる気が出なかったり
体調がいいと気分も前向きになったりしますよね?

「やる気が出ないなぁ」というとき、ほとんどの人は
・肩を落として
・視線はやや下を向き
・呼吸が浅く
・声に張りがなく、トーンが低い
なんて状態になっています。

さっきまで元気だった人でさえ、体の状態を↑のようにしていると
だんだん気が滅入ってきて、やる気が失せてしまうのです。

なので、その逆をやればいい。

・胸を張って(開いて)
・視線を少し上に向け
・呼吸を深く
・ちょっと高めのトーンで、声を張って話す

このようにすると、それだけで気分が変わってきます。

もっと根本的な解決をしたければ、「眠る」こと。
やはり、身体にも感情にも、休息は必要です。

やる気を出すために、体の状態を整える。
これは、見落としがちですが、とても簡単で効果的なので試してみてくださいね。
[br num="2"]

2.仕事に意味をもたせる

目の前の仕事を「作業」だと思うと、とたんにやる気が出なくなります。
人は「自分のやっていることに意味がある」と思いたいものなのです。

工場で単純労働に従事していると、鬱が増えるなんて話もありますし、
子供の頃「勉強なんて、何の役に立つんだよ?」と思ったことのある人は多いでしょう。

「何かの役に立つ」「何かの意味がある」と思える仕事になら、
前向きに取り組みやすくなり、モチベーションが上がります。

別に、社会貢献や壮大なビジョンなんてものでなくても構いません。
「自分のスキルアップにつながる」とか「やっておけば後が楽になる」とか
そんな程度のことでも、仕事に「意味」を持たせるのです。

もちろん、これがワクワクするようなものであれば最高ですが、
そういうのを見つけるのは、慣れていないとけっこう難しいですから、
最初は本当にちょっとした「意味」で構いません。

「何の意味もない作業」から「ちょっと意味がある仕事」に変わるだけで、
下がっていたモチベーションが少し上がってくるんですよ。
[br num="2"]

「やる気」というのは、気分・感情ですから、思考でどうにかできるものではありません。
周りの環境などにも影響を受けやすいです。

なので、自分で自分をコントロールする方法を1つでも持っていると、
やる気をいつも前向きにしていくことができるんです。

ぜひ、仕事を「楽しんで」くださいね。

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社