人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

思考や行動のパターンは、どう変えればいいのか

Pocket

私たちは、1日のほぼすべての行動を「パターン通り」にやっています。

なので、だいたい朝起きる時間は同じだし、同じ朝の番組を見て、
だいたい同じ時間に家を出て、だいたい同じ車両の同じドアから電車に乗り、
いつもどおりの手順で仕事を進めていきます。

何か問題があったときには、だいたいいつもの通りに反応し、
いつもやっているようにその問題に対処します。

これは当然のことであり、まったく悪いことではありません。
そうでないと、いちいちすべてのことを考えてしまい、
脳がパンクしてしまいます。
[br num="1"]

ただ、この「パターン」が、ネガティブに作用していることも多いです。

たとえば、典型的なものでいうと、何か問題があった時に
「どうしてそうなったんだ? 誰のせいだ?」と
犯人探しをするパターンなどですね。

このパターンの人より、
「状況はどうなっている? どうやって対応しようか?」と
次の一手を考えるパターンのほうが生産的です。
[br num="1"]

それで、「考え方を変えよう」と、違うパターンをやってみるんですが、
長年慣れ親しんだ今までの思考・行動は、そうそう簡単には変わりません。

ちょっとした決意だけで行動が変わるなら、
世の中にダイエットなんて必要ないですからね(笑)

つまり、今までの考え方や行動を変えるのは簡単ではない。
変えるための正しいステップを踏む必要があるわけです。
[br num="1"]

私たちプロのコーチは、そのステップをきちんと学び、練習しているから、
クライアントに長期的な変化を起こせるというわけです。
[br num="1"]

では、その「正しいステップ」とはどんなものなのか。
詳細に話すと、数日かかりますから(笑)、
ここではちょっとだけご紹介します。
[br num="1"]

1.パターンを深く理解する
相手の思考・行動のパターンはどのようにできたのか、
その裏にある感情はどんなものなのか、
脳の中でどんなプログラムがインストールされているのか、
対話の中で相手のパターンを浮き彫りにします。

2.感情のスイッチを動かす
変化には感情が不可欠です。
「絶対に、このパターンを変えるんだ!」という強い感情を引き出し、
新しいパターンに変わるための力を発揮してもらいます。

3.パターンを壊す
思考・行動のパターンとは、脳の働きで作られています。
この「脳の働き」を利用して、今までのパターンを壊します。

4.新しいパターンを作る
相手が「こうなりたい」と思う未来に近づくような考え方や行動を
その人の中にインストールします。
一瞬でできるときもあれば、数週間かかる時もあります。
[br num="1"]

ざっくり紹介するとこんな感じです。
アンソニー・ロビンズは、これを7ステップで紹介しています。
(メルマガだと長くて難しくなるので、省略しました)

ここまでやって初めて、人は変化を経験することができます。

逆に言うと、
部下に「○○をきちんとしろ」とか「××は良くないからやめろ」とか
口で2,3度言ったくらいで変わるわけがない、と。

コーチングのような特殊なスキルを使うかどうかはともかく、
人が変わるというのは簡単なことではありません。

部下に変化を起こしたければ、それくらいの根気と本気が必要なのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

人はそんなに簡単には変わらない!

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社