ビジネス

相手の興味を引く企画の作り方 その2

Pocket

昨日、メルマガを配信した10分後に
「続きを書いてください」とメールを頂いたので、
お約束どおり、「興味を引く企画の作り方」第2弾です。

ちなみに、第1段はこちら。
>> 相手の興味を引く企画の作り方
[br num="1"]

まず、「見込み客についてリサーチ」
次に「彼らの痛みと快を明確にする」
さらに「その上で企画を作る」でしたね。

でも、ここまでやっても、まだ完成していない。
ちょっとイマイチな企画になっているというお話でした。

なので、今日はこの「イマイチな企画」を「使える企画」にするために
やるべきことをご紹介しておきますね。
[br num="1"]

といっても、すごく簡単な話で、
【試作品の企画書を、見込み客に見せる】
というもの。

とりあえずできた「イマイチ企画」の企画書を、それっぽく作って、
「こんな企画を考えているんですけど、どう思いますか?」と
直接聞いてしまうんです。

それで、「面白そう!」とか「いいですね!」とか、
ポジティブな反応が返ってきたら、ひとまずOK。

あとは、「これは、どういう内容なんですか?」と詳細を聞いてきたら
興味を持っているというサインです。

逆に「うーん・・・」とか「ま、いいんじゃないですか」とか
相手が興味を示さなかったら、次のステップです。
[br num="1"]

見込み客が興味を示さないということは、
こちらの「いい」と思う感覚と、相手の「いい」と思う感覚に
ギャップがあるということ。

なので、このギャップを埋めれば、興味を引く企画になるわけです。

そこで、その場で相手に
「これがどんなものだったら、面白そうだと思いますか?」とか
「こういうのじゃなくて、どんなのが欲しいですか?」とか
直接聞いてしまうのが一番早いです。

そして、「こんな企画のほうがいい」と言われたら、それを作ってしまう。
こうすると、見込み客が興味を持ちやすい企画になります。
[br num="1"]

それなら、「最初から見込み客に聞けばいいじゃないか」と思いますが、
見込み客も「何がほしいか」はよくわかっていません。
いきなり聞かれても、自分のほしいものを明確に説明できないんです。

ただ、「それはいらないけど、そうじゃなくて○○がほしい」
というのは言いやすい。
その「それじゃなくて」を引き出すのに、試作品が必要なわけです。
[br num="1"]

ちなみに、企画を立てる感覚は、たくさんやると精度が上がります。
私もずいぶん、「アレ」な失敗作を作ってきましたので、
今ではそれなりに当たりを作ることができるようになりました。

それでも、だいたい10〜20%くらいです。
8割以上が、「ハズレ」の企画なんですよね。
プロの企画屋さんなんかは、もっと精度が高いかもしれませんが。

ただ、私は別に、この精度を上げることよりも、
大量にハズレを作ることのほうが重要だと思っています。

だって、8割ハズレなら、企画を10個作れば2個は当たるわけです。
だったら、8個のハズレをさっさと作ったほうがいい。
[br num="1"]

とにかく、プロトタイプ(試作品)を作ったら、
見込み客に見せて反応を見る。
反応が悪ければ、どんなのがいいか直接聞く。

やっぱり泥臭い方法ですが、結果的にこれが一番早いんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

試作品を見せて、本当に欲しいものを聞き出そう

Pocket

-ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社