人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

謙虚なのにうまくいかない人は何が違うのか

Pocket

私は仕事柄、人のことをよくほめます。
(いつもエグってるわけじゃないんですよ。ちゃんとほめるんですよ)

別にお世辞を言ってるわけではなくて、
その人のいいところと改善が必要なところの両方を
無意識に探しているからなんですけどね。

で、クライアントさんでなければ、
「いいところ」に意識を向けて、それを率直に伝えているんです。
(ちなみに、クライアントさんだと、ほめた後できちんとエグります 笑)
[br num="1"]

さておき、その人のいいところをお伝えするんですが、
日本人は「謙遜が美徳」という文化があるせいか、
「いえいえ、そんなことないですよ」と言われることが多いです。

謙虚な振る舞いは、人間関係を円滑にしますし、
傲慢になってしまうと、足元をすくわれることもありますから、
このような文化は、私も嫌いではありません。
[br num="1"]

ですが、この「謙遜」のやり方を間違えている人が多いのです。
[br num="1"]

間違った謙遜は、謙虚さではなくネガティブの現れになりますし、
謙虚ではなく、自己否定につながって、自信がなくなっていきます。

それだけでなく、「ほめてくれた人をも否定する」ことになるような
誰も得しない謙遜をする人も多いのです。
[br num="1"]

間違った謙遜は、
【必要以上に自分を下げる】
ことで、謙虚さを表現しようとします。

「社員の皆さんが、元気でいいですね」とほめると、
「いやぁ、外部の人が来たときだけですよ。普段は全然ダメで・・・」
と、言われてもいないのに社員を否定します。

「積極的にこういう勉強会に参加されて、すごいですね」とほめると、
「いえいえ、形だけですよ」と、ほめた言葉まで全否定します。
[br num="1"]

このような謙遜は、謙虚さではありません。単なる自己否定です。
そして、自己否定をすることは、誰のためにもなりません。

照れているのかもしれませんが、それで自分だけでなく、
大切な社員やほめてくれた人まで否定していてはいけません。
[br num="1"]

かといって、ドヤ顔で「そうでしょ?」と返すのもちょっと変ですから、
私は謙虚さを持ちながら、ほめた言葉を否定しない方法として、
「おかげさまで」という言葉を使っています。
[br num="1"]

「社員の皆さんが、元気でいいですね」という言葉には、
「おかげさまで、いい社員に恵まれています」と返します。

「積極的にこういう勉強会に参加されて、すごいですね」という言葉には、
「おかげさまで、いろいろ勉強になっています」と返します。
[br num="1"]

「おかげさまで」という言葉は、
「自分が偉いわけではなく、周りのお陰で、自分がいい状態にある」
ということを暗に表現できます。

「自分はいい状態にある」と認めることもでき、その上で
「だからといって、自分だけの力ではない」と、謙虚でもある。

昔からある日本語ですが、とてもいい言葉だと思います。
[br num="1"]

そして、「言葉」というのは自分への暗示でもあります。
「私なんて、全然ダメですよ」と言っていると、そのような暗示が入り、
「私は全然ダメなんだ」という自己評価が少しずつ出来上がります。

「皆さんのおかげで、助かってます」と言っていると、
「私は皆さんに助けてもらっている」という暗示が入ってきます。

「私は全然ダメだ」と思っている人と、
「私は皆さんに助けてもらっている」と思っている人とでは、
いざという時の行動力や決断力が圧倒的に違います。
[br num="1"]

「おかげさまで」と言いさえすればいいわけではありませんが、
ほめられたときの反応を、少しだけ見直してみましょう。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

ほめられたら、否定せず感謝して受け取ろう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社