人材育成×コーチング

部下を凹まさずに厳しく指摘できるダメ出しのしかた

私が飲食店でアルバイトをしていた頃のことです。
大学生の頃、居酒屋で調理のアルバイトをしていたんです。

 

ただ、どんなに贔屓目に見ても、動きは遅いし要領は悪いし、
はっきり言って「使えない」人材でした。

まあ、こういう仕事は私には向かないんでしょうね(開き直り

 

で、これだけ使えない人材なので、料理の提供も遅く、
いつも先輩たちに「早くしろ!」と怒鳴られていたんですが、
そのときの上司で、松田さんという人がいまして。

この松田さんからのダメ出しは、今でもよく覚えています。

 

「中城な、お前は仕事は丁寧だし、料理の出来もいい。
先輩の○○より、その点はずっと信頼してる。

・ ・ ・ だ が 遅 す ぎ る っ !」

 

ええ、やっぱり「遅い」と言われてたんですが(笑)、
ただ「早くしろ」「遅い」と言われたのと違って、
20年経った今でも、よく覚えているんです。

 

それは、先に「いいところを承認してくれた」ということ。

 

「お前、遅いんだよ」と言われても、あまり響きません。
というか、基本的に人はダメ出しには耳をふさぎます。

だけど、先に1回承認されてしまうと、
「全否定されているわけではない」という安心感から
その後のダメ出しを受け入れる体勢ができるんです。

 

ぶっちゃけ、当時の私の仕事の質は、決して高くはなかった。
けど、松田さんは、全体的にダメな中で、マシだったところを認めて
その上でのダメ出しをしてくれたんです。

なので、「遅すぎるっ!」と、半ば絶叫気味に言われましたが、
そこは受け入れることができたんですよね。

 

ただ、当時の私は、どうすれば早くできるかを知らなかったので
結局仕事のスピードは遅いまま、辞めることになりましたが。

そこを具体的に教えてもらっていたら、今頃飲食店で働いていたかも…?

 

・・・うん、それはない(断言

 

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

その人の中で少しでもいいところを認めてからダメ出ししよう

-人材育成×コーチング

© 2022 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社