コーチング 能力開発・自己革新

コーチングを受けても成果が出ない人とは

Pocket

私はコーチングを10年以上やってきていまして、
幅広いジャンルの相談に乗ってきました。

業績アップやキャリアの相談、戦略やマーケティングの話はもちろん、
恋愛や夫婦関係、子育て、英語学習にダイエット、禁酒・禁煙など・・・

コーチングはジャンルを問わず人のお役に立てるのがいいところ。
また、相手のスキルレベルを問わないので、
優秀な人も、そうでない人も、コーチングによって改善してくれます。
[br num="1"]

・・・が。
[br num="1"]

残念ながら、コーチングを受けても何も変わらない、
コーチをつけてもぜんぜん改善しない、という人もいるにはいます。

プロのコーチでも、ある特徴がある人には、成果を出すことができません。

その「特徴」とは、【依存する人】です。
[br num="1"]

コーチングは、コーチングを受けるクライアントが
「自分で考え、自分で選択し、自分で行動し、自分で結果を出す」
という前提の上に成り立っています。

コーチは、うまく考えるサポートをしたり、良い選択ができる支援をしたり、
決断を促したり、行動しやすいプランを一緒に立てたりすることで
クライアントが結果を出せるように手助けをするのが仕事です。

なので、クライアントが自分でやろうと思っていない場合は、
どんなに質問を投げかけても、どんなに背中を押しても、
まったく効果がありません。
[br num="1"]

コーチに依存する人というのは、
「自分は歩きたくないけど、頂上には行きたいので、
 コーチが私を背負って山を登ってください」
と言っているようなものです。

それは私たちの仕事ではないので、背負ってあげることはできません。

私が個人的にコーチングをする場合は、そのような依存的な人とは
契約しませんし、相手も私に頼もうとしないようですが(笑)、
けっこうこういう人は多いので、注意が必要ですね。
[br num="1"]

ちなみに、上司・部下の関係でいうと、依存的な部下もいたりしますし、
その部下にも前向きに働いてもらわなければならないのですが、
それはそれで、自主性を引き出すスキルもあるにはあります。

詳しくは拙著をご覧いただきたいのですが、
メルマガでも何度かご紹介している「アソシエイト」を使って
「会社が発展すると、自分の幸せにつながる」
「仕事を頑張ると、自分が得るものがある」
という方向に持っていくと、やる気が出てきます。

ただ、少し難易度が高いので、最初のうちはそういう部下ではなく
ある程度前向きな部下を相手にコーチングを試してみるといいでしょう。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

依存的な人は、まず依存状態から抜け出させよう

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社