コーチング

仏教と成功哲学の共通点

Pocket

さて、今回、法事で富山には来たのですが、
法事の中で、お坊さんのお話がありました。
仏教の教えを、少しだけ話してくださるんですよね。

私、宗教や宗派に限らず、こういうお説教がちょっと好きだったりします。

 
仏教では、煩悩が人間に苦しみをもたらすと言われ、
その煩悩の大きなものに、「三毒」というものがあるそうです。

 
 必要以上に欲しがり、執着すること
 怒ったり憎んだりすること
 仏の教え(真理)に生きていないこと

これらが、苦しみのもと、「煩悩」だというんですね。

そして、この煩悩を無くしていくのが、仏教の修行なんだそうで。

 
私は、これを聴いていて、「仏教は大変だなぁ」と思っていました。
やっぱり、欲しいものは欲しいし、怒るときは怒るし、
真理を知るなんて、一生かかってもできるかどうか・・・

お寺で修行しているお坊さんというのは、すごいなぁ、と思うのです。

 
で、こう思っていたところに、お話の続きが。

「それで皆さん、煩悩がなくなればいいと思うでしょう?
 だけど、それは無理なんです。
 煩悩のない人は、悟りを開いた仏様だけなんですよ」

「私たちの修行は、煩悩をなくすことではなく、
 煩悩を受け入れることなんです」

 
あー、それならよく分かる!
煩悩がある自分を受け入れて、それすらも自分であると知る。

欲深い自分、怒ってしまう自分、道を踏み外す自分。
こんな「良くない」自分も、向き合って受け入れる。
これって、仏教に限った話ではなく、コーチングでも同じなんです。

ダメな自分であってはいけないから努力するのではなく、
ダメな自分さえも受け入れ、愛する。
その上で、より良い自分になるために、努力する。

これが、健全な自己研鑚です。
この「受け入れる」のが難しいので、幸せになれない人が多いんですよね。

 
きっと、仏教も深く学ぶと、面白いんだろうな、と思った法事の席。
自分の分野以外の話を聞くと、学びが深くなりますね。

 
★メンタル強化で売上を伸ばす【パワーコーチ】のポイント

自分の「煩悩」を受け入れてしまおう

Pocket

-コーチング
-, , , ,

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社