人材育成 コーチング 能力開発・自己革新

利益が出ても満足しないのはなぜか

Pocket

先日、ある経営者の方の相談に乗りました。
守秘義務があるので詳しくは言えませんが、

「ビジネスはうまくいっていて、別にお金には困っていない。
 けど、ずっと悩んでいて困っていることがある」
というものでした。
[br num="1"]

私としてはうらやましいお悩みですが(笑)、
実際のところ、お金には困っていないけど、別の悩みがある
という方はかなり多いです。

この方(Aさん)は、ずっと悩んでいて、どこに相談しても解決せず、
困り果てていた時に私に偶然出会ってしまったのでした。
[br num="1"]

結局、3時間くらいかけてなんとか解決したのですが、
そこであらためてわかったことは、

【人は感情を得るために頑張っている】

ということです。
[br num="1"]

Aさんは、ある感情を得るために、子供の頃からがんばって、
人が羨むような成果を出してきました。

がんばって自立すれば、その感情が得られるだろう。
たくさんお金を稼げば、その感情が得られるだろう。
多くの人に認められれば、その感情が得られるだろう。

そう思って努力して、能力を発揮してきた。
だけど、それでは感情を得ることはできなかった。

「こんなにがんばって、成果も出しているのに、
 どうしてその感情を感じることができないんだ!」

これが、Aさんの抱えていた悩みの正体でした。
[br num="1"]

これはAさんだけでなく、誰でも同じです。

会社の利益を上げたい、収入を増やしたい、すごい目標を達成したい。
これらはすべて、「その先にある感情」を期待しているにすぎません。

利益を上げたら、自信を持てるんじゃないか。
収入を増やしたら、自尊心が満たされるのではないか。
目標を達成したら、安心できるんじゃないか。

この「自信・自尊心・安心」が欲しくて、頑張っているのです。
[br num="1"]

逆に言うと、「感情」が得られなければ、利益も収入も達成を得られても
満足することができないということです。

別に、利益を求めるなというのではありません。
経営者である以上、利益はきちんと出していただきたい。

ただ、その先にある「感情」を自分でわかった上で取り組む。
その感情を得るために利益を上げる。
そのことをわかっていることが重要だということです。

そうでないと、Aさんのように
「せっかく頑張ったのに、満足感を得られない」ということになって
自分の方向性を見失ってしまいます。
[br num="1"]

少し立ち止まって、ご自身の感情に向き合ってみましょう
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

自分が何を感じたいのかを理解しよう

Pocket

-人材育成, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社