人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

「売れる」ことと「理念」の両立?

Pocket

私は、10年ちょっと前に、全然売れなくて食えなくて
苦しい思いをしたことがあります。

あのとき、「人生の目的」や「仕事の理念」なんてものは
私にとってただのキレイゴトであって、
そんなことより「明日の売上をなんとかしてくれ」と思っていました。

それで、「明日の支払いをどうにかする方法」を教えてもらって、
本当に心から救われた思いをしたのを、今でも覚えています。

どん底にいるときって、どうしていいかわからない。
そんなときに、具体的な行動が見えてくると、それが救いになるわけです。
[br num="1"]

そういうわけで、営業の方へのコーチングというのを計画して
売上が伸びるように支援するサービスを始めようと思っているんですが、
それを計画する際に、一つ気になっていたことがありました。

それは、
「営業ばかりにフォーカスすると、ニーズはあるかもしれないが、
 自分や自社の理念が置き去りにならないか?」
という懸念です。
[br num="1"]

市場のニーズに応えることは、ビジネスである以上とても重要です。

ですが、「売れるから」という理由で意思決定をすると、
その先で困ったことになるというのも経験済みですし、
そういう人や会社をたくさん見てきました。

なので、理念やビジョン、ミッションに沿った商売をしたい、
と思っているんですが、
私のミッションは、営業ではないよな、と思ってたんです。
[br num="1"]

ちなみに、10年ほど前から持っている、私のミッションは、
「人の夢を叶えること」です。

多少、細かい文言が変わったり、意味合いが変わることはありましたが、
ずっと方向性は変わらず、
「関わった人が、夢を叶えるための助けになる」ことを目指しています。

だから、ずっと「コーチング」なんですけどね。
[br num="1"]

これと、「営業のコーチング」が、どうも微妙に噛み合わなかったんですが、
ある勉強会で、ふと気づきました。

【営業こそ、会社の夢を実現する最も重要な役割である】
[br num="1"]

会社の事業というのは、お客様がいなければ成り立ちません。
その会社の事業は、社長や社員さんが、何年も先の未来に、
「こうなりたい」という姿に向かって行われています。

それを押し進める、最も重要で、最も基本となるのが、
「お客様に事業をおすすめする、営業という仕事」
なんですよね。

ここに至ったとき、最後の迷いが晴れ、
「営業職を支援することで、会社の夢を実現する」
という、新たな意味付けが腹に落ちました。
[br num="1"]

・・・という自分語りをしたかったのが一つと、
もし今、取り組んでいる仕事や事業、プロジェクトが
どうもしっくりこない、という人がいたときに、
少し参考になるかなと思ったのが一つです。

会社の理念やミッションがあるのが大前提ではあるのですが、
目の前のやっていることが、「その理念にどう関わっているか」を考えると、
仕事への感情が変わってきます。

「自分の仕事は、意義のある仕事なんだ」と腹に落ちると、
取り組み方もやる気も、大きく変わってくるんですよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

仕事と売上と、ミッションや理念を結びつけよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社