コーチング ビジネス

働き方改革って結局何なの?

Pocket

最近話題の「働き方改革」。
経営者の方と話していても、気になっている人が多いようです。

私はひとり会社なので、自分が働きたいだけ働けばいいと思ってますが、
社員を雇っている経営者にとってはそうもいきません。

とはいえ、「労働時間を短くしろと言われても・・・」
と、困っている方も多いようで。

それで、私も簡単に調べてみたんですが、働き方改革とは
単純に残業を減らすというだけの話ではありませんでした。
[br num="1"]

そこで、働き方改革の概要をざっくり確認した上で、
どのように取り組んでいけばいいか、という話をしていこうと思います。

既に「働き方改革とはどんなものか」という話は
解説しているサイトもたくさんありますので、その辺は割愛して、
「我々がどのように取り組んでいくべきか」という話をしようかと。

よくまとめてみると、けっこうシンプルにまとまりそうです。
[br num="1"]

Wikipediaをみると、あれこれと難しいことが書いてありますが、
ざっくりいうとこういうことのようです。

・短時間で効率的に、生産性を上げて働きましょう
・働く人はみんな平等に、やった仕事の分だけ報酬を払いましょう
・働く環境を整備して、健康を害さないように注意しましょう

ここに、具体的な残業時間や給与の規定などのきまりが入ってくるので
ちゃんと読むと難しく感じてしまうのですが、
大まかな意味を捉えるとこういう感じです。

で、こうやってみると、至極当たり前のことを言ってたりします(笑)
[br num="1"]

まず、1つ目の「生産性を高める」話については、
法律で言われるまでもなく、我々企業が常に取り組むべき課題です。

コーチングの視点でいうと、
・モチベーションと能力の向上
・戦略の構築と確実な実行
という話になってきます。

今までにも何度もお伝えしていることではありますが、
まず社員それぞれが生産性を高め、仕事を効率的に進める必要があります。
そのために必要なのが、やる気アップと能力アップです。
[br num="1"]

やる気や能力の高め方については、拙著をご覧いただきたいですが(笑)、
ここで一つ紹介すると、
「会社が目指す方向とビジョン、その社会的な意義を示す」
というのがオーソドックスなところです。

つまり、「この会社はどういう方向性で進むのかという指針」
「この会社は3年後、5年後にどうなっていたいのかという未来像」
「この会社は地域や社会にどう貢献するのかという存在意義」
この辺りを社員にしっかり伝えてあげることです。

もちろん、働いた分の報酬がきちんともらえるとか、
生活や健康を犠牲にしないくらいの仕事量になっているとか、
そういう要素ができていないと、「やりがい搾取」になってしまいますが、

給与や待遇以外の動機づけをしてあげないと、
「もらった給料の分しか働かない」となってしまい、
高い生産性が期待できなくなってしまうのです。
[br num="1"]

会社は人でできています。
特に我々中小企業は、人こそが差別化要因です。

まずは、社員それぞれの生産性を最大化すべく、
モチベーション(働く動機)を持たせてあげることが、
働き方改革の第一歩、というわけなのです。
[br num="1"]

★やる気のある社員を育てるコーチングのポイント

社員が前向きに働ける「方針」「未来像」「存在意義」を示そう

Pocket

-コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社