人材育成 コーチング ビジネス

部下に自主的に行動してもらう質問

Pocket

私は普段、あまり「こういう質問がいいよ」ということはありません。

なぜなら、質問はただの手段であり、時と場合、目的によって
その質問が効果的な場合とそうでない場合があるからです。

コーチングにおいて、「この質問さえしておけばOK」ということはありません。
[br num="1"]

ですが、先日、1日に2回のコーチングがあったときに
自分が「ある質問」をよく使っていることに気づきました。

この質問も、すべての場合に万能というものではありませんが、
かなり多くの場面で効果的に使いやすい質問です。

なので、今日はその質問をご紹介しようと思います。
[br num="1"]

この質問は、上司・部下の間では
「現状ですべきことを、自分で考えて行動に移して欲しいとき」
に有効です。
(もちろん、それ以外のときでも応用してください)

部下との十分な信頼関係があれば、この質問によって
現状でとるべき行動を考えてもらうことができます。
[br num="1"]

その質問とは、
「あなたはどうしようと思っていますか?」
という質問です。
[br num="1"]

たとえば、トラブルや課題が目の前にあるとき。
たとえば、これから目標に向けて行動していく必要があるとき。
たとえば、部下のキャリアの相談にのるとき。

この質問によって、部下が今考えているプランを引き出します。

もし部下が、現在アイディアを持っていなかったとしても、
この聞き方をすると、その場で考えてくれる可能性が高いです。
[br num="1"]

似た質問に、
「どうすればいい?」「どうすればできるかな?」
というものがありますが、これらの質問は少しだけ質問の意味が異なります。
[br num="1"]

特に私達日本人は、質問をされると
「正解を答えなければならない」という思い込みがあります。

そして、ビジネスの場ではほとんどの場合、正解は存在しないので、
部下としては答えに困ります。

そして、そのときによく出てくる答えが、
「わかりません」なのです。
[br num="1"]

それに対して「どうしようと思っていますか?」だと、
相手の今の考え・プラン・意見を聞く質問です。

聞くのは「意見」ですから、そこには正解は存在せず、
どんな答えでも間違いではないのですね。

だから、部下は「自分が今考えている案」を答えやすいのです。
[br num="1"]

もちろん、この質問によって部下が自分の意見を言ったとき、
それを受容・承認することは言うまでもありません。

「今のあなたの考えを教えて」と言われたから答えたのに、
「わかってないな」「それじゃダメだろう」と否定すると、
次から答えてくれなくなってしまいますからね。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「正解」ではなく「意見」を聞く質問を使おう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社