ブログ コーチング 能力開発・自己革新

「うすうす感づいてた」のに、行動できない理由

Pocket

先日、クライアントのMさんが、禁酒を決意しました!

Mさんはお酒が大好きで、私もたまにご一緒します。
一緒に飲みに行くと、けっこうたくさん飲んでしまいます。

それで、この「たくさん飲んでしまう」のが、仕事上マイナスになるので
どうしましょう、というご相談だったんですね。
[br num="1"]

ただ、このMさんのコーチング。
最初から「お酒を飲みすぎてしまうんです」「禁酒したいです」
というテーマではありませんでした。

「人脈を作るために、飲み会に行くけど、人脈にならない」
「飲み会を楽しんで人と仲良くなるけど、その後に続かない」
というテーマから始まったんですね。

私も飲み会をきっかけに人と仲良くなって
そのままコーチングになることも多いので、Mさんの戦略はよくわかります。
やはり、楽しい気分を共有するのは重要なんですよね。
[br num="1"]

とはいえ、その先に続かないのでは、ただの飲み会。
友達と飲むだけならいいですが、「仕事」ではありません。

なので、「飲み会で人脈ができない」というところからスタートして
どうすべきかのコーチングです。

私の方から、あれこれ質問します。

「お酒の飲み過ぎが原因で、途中で仕事を忘れる」
ということを何度か言っているんですが、
ではどうすべきかと質問すると、

「もっと仕事という意識を持って行く」
「飲み会でどんな話をするか事前に準備する」
という答えが返ってきます。
[br num="1"]

とうとう私もしびれを切らして、
「もう、お酒やめたら?」と、言ってしまいました(笑)
[br num="1"]

すると、
「!!!  うっすらと思っていましたが、、、」
という反応。

そう、本人もうすうす、お酒を飲むのがよくないことは
わかっていたようでした。

そこからは、普段の禁酒コーチングを少しだけやって、
本人が「お酒をやめる!」と決めて終了したんですが、
この「うすうすわかっていた」というのが、面白いと思うのです。
[br num="1"]

私たちの感情は、大きく分けて「快」と「不快」に分かれます。
そして、「快」はたくさんやりたいし、
「不快」はできるだけやりたくない、というのが普通です。

Mさんにとって、お酒は「快」だったわけです。

そして、この「快」をやめるというのは、頭でわかっていても
感情がそれを拒んでしまうので、そう簡単に実践することはできない。
[br num="1"]

「うすうすわかっていた」というのは、
「頭ではわかっているが、感情がそうしたくないので、見ないふりをしていた」
ということだと思ってもらっていいと思います。

つまり、「うすうすわかっていた」ことは、
感情が拒んでいることなので、実行できない。

そして、「うすうすわかっていた」ことは、
実際に実行できれば、いい結果が出る可能性が高いです。
[br num="1"]

この「うすうす」を実際に実行できるようにするのが
われわれコーチの仕事の一つ。

「わかっちゃいるけど、やめられない」のを理解した上で、
それでも行動を変えていく。

そのための感情のコントロールを、「ガマンや根性」ではなく
自然にできるようにしていくのが、コーチの技量です。
[br num="1"]

私はMさんに対して、「お酒をやめなさい」と強制は一切していません。
むしろ「頑張った日には飲んでもいいんじゃない?」
「無理してストレスにならないほうがいいかもよ?」と
お酒を飲む選択肢を提案したりもしています。

それでも、「目標達成のために、お酒は辞める!」と
最後は本人の意志で決断する。

この「決断力」を引き出すのがコーチングです。

あとは、この決断が鈍らないようにサポートするだけ。
きっとMさんは、やり遂げてくれるでしょう。
[br num="1"]

「うすうすわかっている」ことは、感情が邪魔をしています。
その感情を、押さえつけるのではなく、上手にコントロールすることで
より前向きな決断ができるようになるのです。

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「うすうすわかっている」ことは、感情に意識を向けてみよう

Pocket

-ブログ, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社