ブログ 能力開発×コーチング コーチング

振り返りは、バランス良く

さて、2017年の振返り、いろいろな角度から振り返ってもらいました。
「過去は変えられない」ですから、できたこともできなかったことも
そのまま受け入れるのがよろしいかと思います。

ただ、それを未来にどう活かすかによって、
過去(2017年)の意味が変わってきます。

この1年を意味あるものにするためにも、しっかり振り返りましょう。
 

今日は、「バランス」の話をします。

一年間を振り返るとき、ポジティブな面を振り返る人もいれば
ネガティブな面を思い出す人もいると言いました。

それと同様、私たちは意識しないと、
偏った振り返りをしてしまうことがあります。

たとえば、「仕事」のことばかりを考える人や
「健康」ばかりを振り返る人、「人間関係」を評価する人…

だいたい、自分にとって一番興味のあることを考えるものです。
 

ですが、ここも一つ大切なことなんですが、
たとえば仕事のことばかりを気にしていて、人間関係が疎かになると
人生全体で見たときのバランスが偏ってしまいます。

ある一時期、一つの分野に集中することはいいのですが、
それだって、「ここに集中する。他の分野は後回しにする」と
自分で意識的にわかっているならいいんです。

けど、仕事に没頭していたら、気づかないうちに健康が疎かになっていた、
というようなことになると、話が違います。

ですから、振り返りをするときは、幅広くいろいろな分野を
一度振り返って、現状を確認するようにしましょう。
 

この「分野」の分け方については、いろいろな分け方がありますが、
アンソニー・ロビンズの教材の中で、「人生の7分野」というのがあるので、
こちらをご紹介しておきます。

それぞれの分野で、「2017年はどうだったかな」と
振り返ってみてください。
 

・健康、身体
・感情
・人間関係、恋愛関係
・時間
・仕事、キャリア
・お金、経済
・祝福、魂

最後の「祝福、魂」というあたりが、キリスト教っぽいですが、
あまり馴染みのない方は、気にしなくてもよろしいかと思います。

神様的なものとのつながり、とでも解釈しておいてください。
 

さて、この7つの分野それぞれに、今年を振り返ってみます。
「今年は、健康についてはどうだったかな」
「今年は、どんな感情で過ごせたかな」
「今年は、パートナーとどんな関係が作れたかな」
そんな感じで振り返るんですね。

何も指定しないで、自由に振り返ると、この7分野のうち
いくつかは振り返れますが、いくつかは見落としてしまいます。

そうならないよう、この7分野を使って、
バランス良く、ご自身の1年を振り返ってみてください。
 

というわけで、年末の振り返りシリーズ、
このへんで終わりにしようと思います。

この「振り返り」を2018年に活かして、
今まで以上に価値ある1年にしていってくださいね。
 

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

1年を、いろいろな分野に分けて振り返ってみよう

-ブログ, 能力開発×コーチング, コーチング

© 2022 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社